占いツクール
検索窓
今日:334 hit、昨日:313 hit、合計:180,628 hit

珈琲ショップ__Kaito.T ページ8








肌を刺すような鋭く冷たい空気。





季節を変えて少し肌寒くなってきた街並みを二人で歩く。







海「最近寒いね」







着ているニットの袖をコートからグイグイ引っ張って、両手を摩るようにして仕草はまるで女子だ。







『ねぇ袖伸びちゃうよ?それやめな?』





海「ええっ、じゃぁ〇〇が暖かくしてよっ」







拗ねたように口を膨らませるとピッタリと距離を縮めて歩く。








『ねぇ歩きづらい、離れてよ』





海「いいじゃんっ、俺はくっ付いてたいの!!」








くっつき虫のようにピッタリと離れない彼を真横に人気のコーヒーショップを通りかかる。







『あ、ス△バ入ろ?』




海「いいよっ」







飲み物を買うことになり二人でメニュー表を覗く。






『何にしよっかなぁ、』







メニューを見たものの何を飲もうか、迷いに迷う。





アイスでもいけるし、ホットも飲みたい気分。







『カイちゃんもう決めた?』





海「もう決めたよ!〇〇は何にするか決めた?」





『ううん、アイスにしようか悩んでる』








何気なく彼にそう伝えただけなのに...







海「んー...」





−−−ギュッ、。







彼は私の手を不意にぎゅっと握ってきた。







『...え?』





海「手、冷たい。ホットだね!!」








そんな事言って勝手に注文を済まされてしまった。






ドキッと何かを持っていかれた感覚...





動揺してしまい、何を注文したかったのか忘れてしまう始末。






不意打ちすぎて心臓に悪いよ、ほんと。







海「ふへっ」






【Fin】

自覚しろや__Ren.N→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (256 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1880人がお気に入り
設定キーワード:平野紫耀 , 永瀬廉 , 岸優太   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

美紀 - キンプリ岩橋君寄りのオールです最高です気温の変化が激しいので気を付けてくださいね (11月9日 11時) (レス) id: a31ea93868 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:muhe | 作成日時:2019年10月27日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。