占いツクール
検索窓
今日:46 hit、昨日:348 hit、合計:239,902 hit

cinderella_65 ページ17








廉「俺やって男やぞ?断れへんように仕向けてんねん」






腕をするりと解くとしっかりと私の目を見てきた。






苦しそうに待っているその表情は自分の何かと重なって・・






余計辛くなるのみだった。







『私、まだ廉くんしか知らないの』






廉「俺もやで?」





『そっか・・なら、・・いい、のかな』







岸くんに求められた事ってあったっけ?






そもそも、泊まるように誘われた事すらなかったと思う、。






忙しそうだったし、そういうの疎そうだからと自分なりに理解してたつもりだけど






廉「痛かったらごめん、」






目の前の彼と比較しちゃうと、愛の大きさも比較しちゃうのだ。






馬鹿だから、目に見える分かりやすいもので表現してくれないと・・






廉くんの顔がゆっくりと首元に迫ってきて、






今までにない罪悪感と喪失感、。






胸の痛みは色んな物を抱えていて、






廉「なぁ、岸くんとまだやってなかったん?」






そんな直接言われると傷付くしかなかった。






それなのに、






タイミングがいいのが悪いのか、。






−−−ブーッ、ブーッッっ、。






マナーモードにしたままだったスマホが私に大きく通知を知らせてきたのだ。






カーディガンのポケットに入っていればそれなりに音は目立って、、






『ちょっと待って』






ちらっと表示画面を確認して電源を切ろうとしたのに、ッ







その着信音は、







『・・ッ、』







紛れもなく私が求めている岸くんからだった。






決意はこんな簡単にもぐらついて、、






この電話に出たら何か変わるのか、






それは良くも悪くもこれからを進む手助けになると思う。






そう思っていたのに、、






『あっ、!』






スマホは廉くんに取り上げられてしまって、、






画面を見るなり拒否ボタンを押されてしまった。






『れん、くんッ』






スマホに手を伸ばそうとすれば、それは彼の手で遮られてしまう。






彼は近くにあったソファにスマホを投げると、






廉「続きしよッ?」





『れん、くん?』






私の返事を待つ暇もなく、彼は私の耳に吸い付いてきて、、






『ね、ぇッ、・・廉くん待ってよッ、!!』






嫌がったってやめてくれるわけが無い。






だって今さっき、私は受け入れた所だったのだから。

cinderella_66→←cinderella_64



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (503 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2054人がお気に入り
設定キーワード:岸優太 , 永瀬廉 , 平野紫耀   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さとこ(プロフ) - ほんとにmuheさんの作品大好きです!どっちと結ばれても私は幸せです笑 (5月3日 0時) (レス) id: 2096cfbafb (このIDを非表示/違反報告)
きゃらめる(プロフ) - 更新頑張ってください!!!早く岸くんみたいです笑 (4月26日 1時) (レス) id: 36d39b543c (このIDを非表示/違反報告)
岸担りりここ - 更新頑張ってください!続き気になりすぎてやばいです← (4月18日 17時) (レス) id: eb3522528a (このIDを非表示/違反報告)
りん(プロフ) - いつも楽しく読ませて頂いております!これからの展開どきどきです、、! (3月29日 15時) (レス) id: 2bc4477fb2 (このIDを非表示/違反報告)
いわたん - れんれんとも危うい方向に、、、頑張れ自分() (3月25日 15時) (レス) id: eb3522528a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:muhe | 作成日時:2018年11月10日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。