占いツクール
検索窓
今日:45 hit、昨日:1,253 hit、合計:653,420 hit

loveharassment_1 ページ1







いつも通りの朝。




全身鏡の前で身だしなみのチェックをする。




制服のシワをピンと伸ばし、髪の毛もサラサラ。






『よしっ、行ってきまーす!!』






台所にいるお母さんにそう叫びながら玄関を出た。





ごく普通な日常、よくある女子高生の毎日。





そんなところなのだが、、





−−−−ブォンッ、ッッ。







とても鈍い音が私の頭に響いた。






お蔭さまで梳かしてきたばかりの髪はボッサボサ。






誰の仕業かなんて一人しかいない。







『ちょ、何ッ!!』






廉「邪魔」








そう、私の日常の中で何が厄介かって、多分いや絶対この人だと思う。






去年も今年も同じクラスになってしまったのは、きっと私の運がなかったから。







そして、もっと不運なのは同じ図書委員だってこと。






本なんて一切読まない癖に、なんで立候補したのか。彼から聞けるのは愚痴ばかりだ。







廉くんがスクールバッグで私を叩いてくるのはそう少なくない。





それ、本当にやめて欲しいのだが・・






『あのさぁ、邪魔だって思うなら黙って避けてけよっ!!』





私は手ぐしで髪を整えながら足を進めた。





なのに返事の気配がないその人、。






『え、無視?』






好き勝手、私はあなたのおもちゃじゃないんだけど。





私にちょっかい出して何が楽しいんだか。






・・だってほら、、







「廉くんおはよう!!」





廉「おん」





「キャーーーーーッッ!!」






返事しただけなのにあんなに騒がれてる。






きっと彼女選びには一生困らないと思う。






偏見だが、イケメンって常に余裕なイメージがある。





でもきっとそれは、廉くんのせいだろう。






廉「おい」




『・・・・』







後ろを振り向いてそう声を掛ける廉くん。





誰かと思えば、、





廉「お前やって!!!」




『え、私?』






ガッシリ腕を掴まれて引っ張られる。





こういう乱暴なのも、もう慣れてしまった。





そのままクラスの下駄箱へと進む。






『わたし、お前って名前じゃないんだけど』




廉「知っとるわ」




『だったら名前で呼べよっ』




廉「・・・・」






いや、なんでそこで無言になるわけ。





何を考えているのか読めないから意味が分からない。





私は彼を放置したまま自分の下駄箱の扉を開けた。






『・・ん?』





そこに入っていたのは1冊の本、。






え?

loveharassment_2→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (876 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3399人がお気に入り
設定キーワード:永瀬廉 , 平野紫耀 , 高橋海人   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

れんれん大好き小学6年生 - やばかったです。きゅんきゅんしました。心臓やばかったです。 (1月13日 0時) (レス) id: 5a9046b055 (このIDを非表示/違反報告)
彩藍(プロフ) - 面白かったです!題名とストーリーがとても合っていて…(*´`)次作も楽しみにしてます! (10月9日 19時) (レス) id: 0a70532ba2 (このIDを非表示/違反報告)
ひかる - 完結おめでとうございます。拗らせ過ぎてる廉くん可愛かった…私にも小中学の時にこうゆう男子がいて…好きとは言われてないけど、今思うと私の事好きだったのか?なぁんて思い出したり笑 面白かったです。 (10月9日 3時) (携帯から) (レス) id: 075c6f1d28 (このIDを非表示/違反報告)
#かのん(プロフ) - パストアンドのほうも更新待ってます! (9月20日 23時) (携帯から) (レス) id: f71de401a4 (このIDを非表示/違反報告)
リリ - 私、むへさんの小説が大好きです!特に廉くんが好きなので、ラブハラは嬉しすぎます!これからも頑張ってください! (9月5日 20時) (レス) id: 9bfda2b59c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:muhe | 作成日時:2018年9月4日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。