占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:23 hit、合計:374,611 hit

23 Rose ページ23

·





「ねぇ、大西さん!」





学校での休み時間。
突然同じクラスの女子に声をかけられた。

今日は朝から勝利くんの顔をみれなくて、むこうはいつも通りに猫被ってます。







「勝利くん!」


勝利「ん?なぁに?」








どうして猫を被ってるのかみんなにききたい。





『なんですか?』







私に話しかけてきたのは3人ほどの女子。
もちろん隣には萌もいる。







「大西さんって転校生でしょ?」

『まぁ』








ぎこちなく返事をしてしまう。









「大西さんどこからきたの?」

『えと、関西で…』

「そーなんだ!」








瞳をキラキラさせていかにも興味しんしんって感じ。私のことなんて知って何になるのか…








「大西さんってなんか長いからAってよんでもいい?」

『う、うん』







え、嬉しい。←








「え、緊張してる?(笑)」


萌「ごめんね、A人見知りというか(笑)」


「なんだ、そっかー」








うまく話せない私に
なんとか萌が助けてくれた。







「AってなんでEDENに選ばれたたの?」


『わかんないんだ、それ(笑)』







絶対いえない!!あんな理由!!



しかもね、

今自分の席に座って話してるんだけど、うしろに座って女子と仲良く?話している勝利くんに


私達の話をきいていたのか、
みんなにはきこえない微妙な感じで椅子下から蹴られました。








『…(汗)』


「いいなー」









いやいやよくない。今度劇させられるんだよ?


全校生徒のまえでだよ?

死ぬ…








「はいりたかったー」








ぜひ、かわってほしいです。







勝利「A!今日は劇の練習だから第二体育館でするからね!」







うしろから私の顔の横に身を乗り出して言ってくる勝利くんって絶対自分の可愛さに気づいてますよね?






『わ、わかった』


「え、A劇するの?EDENで?!」


『まぁ、、ね』









そしていっきに劇をする話が全校に広まってしまいました。

最悪!!最低!ばれちゃったじゃない


休み時間、勝利くんのせいで質問攻めだし







『はぁ、、』




私は大きくため息をこぼした







·

24 Rose→←22 Rose



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (183 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
606人がお気に入り
設定キーワード:SexyZone   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゅーか。(プロフ) - ヒヨリさん» ありがとうございます! (2018年8月5日 17時) (レス) id: 8f0e2b4f5b (このIDを非表示/違反報告)
ヒヨリ - お話最高です!ふまたんと結ばれますよーに... (2018年8月2日 13時) (レス) id: 61e4e164fd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ウォル。 | 作成日時:2017年2月20日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。