占いツクール
検索窓
今日:47 hit、昨日:521 hit、合計:127,653 hit

第7話 出会い ページ9

お昼。

心操くんに誘われて食堂に来た

海老天うどんにしようと列に並んでうどんを頼んだ

奥の方に行くと席は結構空いていたので座って心操くんを待ちながらうどんを食べる

美味しい!ヤバい!美味しい!

海老天サクサクしてる・・・うどんのコシヤバい!

「うわ!美少女発見!!今度一緒に食事行かない?君、何科?」

『誰ですか邪魔しないで下さい』

私のうどんタイムを黄色髪の男子が邪魔してきた。制服を見るとヒーロー科か、帰ったら焦凍に聞いてみよう

私のうどんタイムを邪魔したからにはそれ相応の罰を与えなくては

「で、どう?」

『とりあえず邪魔しないで下さい』

少し睨みながら初対面の男子を見る

早く退けよ

「上鳴〜!!あ!すんません!ナンパしてんなよ行くぞ!」

「え〜ここ、席空いてるからここで良くね?フラれたし」

「・・・そうか、オーイ爆豪!席空いてたぞ!」

黄色髪の男子は上鳴くんというらしい
親切そうな赤髪の男子が仲裁?に来てくれた

男子も勿論ヒーロー科である

「・・・探させんじゃねぇよ・・・あ」

『あ、どうも』

赤髪の男子が呼んだのは爆豪くんだった

Prrrr・・・

電話に出ると心操くん、どうやら私を探しているらしい

いる場所を説明すると3分もしないうちに来た

「・・・・・・」

「・・・・・・」

何故か心操くんが爆豪くんを睨んでいるんだけど誰か理由を説明してほしい

第8話 談話→←第6話 炎の個性



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (89 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
324人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

こしあん派 - 壮さん» ありがとうございます!これからもバンバン更新します! (6月11日 8時) (レス) id: 1be51e16a1 (このIDを非表示/違反報告)
- この作品大好きです!応援してます! (6月10日 23時) (レス) id: e0b5d820e2 (このIDを非表示/違反報告)
こしあん派 - こんさん» ありがとうございます!!ドンドン更新出来るように頑張ります! (6月7日 12時) (レス) id: 1be51e16a1 (このIDを非表示/違反報告)
こしあん派 - 夜小雨さん» ありがとうございます!!満足してもらえるように頑張ります! (6月7日 12時) (レス) id: 1be51e16a1 (このIDを非表示/違反報告)
こん - 二度読み返してきました、何回見ても面白くて続き楽しみにしてます。 (6月7日 2時) (レス) id: 2ffd86cb40 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:こしあん派 | 作成日時:2019年5月8日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。