占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:12 hit、合計:20,100 hit

最終話 ページ26

夜になり

人気が少ない庭へ仁王とAは出ていた



仁)お前さん、このあとどうするつもりじゃ?

貴)何がー?

仁)高校はそのまま月詠か?

貴)んー分からん


そんな他愛もない話をしていた


そしてAは1人で顔を赤くしていた

昼間のを思い出した


"俺と

付き合ってずっと傍にいて欲しい"



仁)さっきお前さんの兄貴と話したぜよ
笑顔で「Aを泣かせたら〇すよ」って言われたぜよ
怖いのぉ

貴)大切にしてくれよなぁ

仁)分かっとるよお姫さん
あ、そう言えば俺と一緒にいたくて銀色入れたって言ってたな

貴)何だよ、厨二病くさくて悪かったな


仁王は楽しそうに笑うと
ガシガシと頭を撫でた


仁)違うぜよ
お前が兄貴よりも俺を優先してくれたのが嬉しいんじゃよ

貴)そんなんじゃ...!
でも一緒にいたいと思ったのは事実だしな

仁)ほんに可愛いお姫さんじゃの

貴)るせぇ笑





この先どんなに辛くても

仁王が残酷な試合の末、負け組になり離れていても

絶対見えない糸で繋がっている

いや、そんな不確かな物では終わらせない

絶対に仁王の隣は自分でいられるように

他の誰でもない

自分が仁王と一緒にいるんだ
そう胸に誓った
何があっても、もう負けたりしない

例えこの先辛いことがあっても

香に支配されていた時に比べたら怖いものなんてない

お互いを守るんだ

仁王と一緒にいられるなら
何でもいい


大好き


大好きだ


貴)雅治


仁)?








"大好きっ!!!"



2人の幸せが永遠続くよう

そしてその願いに答えるように星が輝いたような気がした

終わり ログインすれば
この作者の新作が読める(完全無料)


←story117



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (43 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
106人がお気に入り
設定キーワード:テニプリ , 幸村精市 , 立海
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あいりんご(プロフ) - すっげー面白すぎる!キュンキュンしっぱなし!トキメキをありがとうございました! (7月12日 23時) (レス) id: 5938cec330 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:鬼姫 | 作成日時:2018年5月14日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。