占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:56 hit、合計:20,241 hit

story111 ページ19

黒)ああ、そうだ
皆さんに伝え忘れていた事が
ここの合宿場には私の他に斉藤というコーチがいます
彼は...

?)He is a spiritual coach and you should consult him if you have any troubles.
something like that?
(彼は精神コーチだから困った事があれば相談してみるといいですよ
ってか?)

黒)はぁ...
遮らないで下さい

?)Sorry Sorry. "Since Itaru is not there, please go instead", I was instructed by Tsuyuki.
(ごーめんごめん笑
至がいないから代わりに行ってこいって柘植に言われたんだよ笑)

中学生たちは突然聞こえた人物の声に驚いた
だが逆境で誰が喋っているか分からない

黒)あなたの事も紹介させてもらいますからね

?)Please do. Well, these people already know me.
(どーぞどーぞ
まあ、こいつら全員俺のこと知ってるけどな〜)

黒)彼女は私達のようにコーチとして働く訳ではありませんが、斉藤コーチが連れてきた子でここの手伝いをさせています
仲良くしてやってください
ほら、降りてきなさい


階段の上から話していた人物が階段を1段飛ばしで軽快に降りてくる

そしてピョンッという効果音がつきそうな感じで階段の最後の段から飛び降り
黒部の隣にたった

その人物は「全員俺のことを知っている」と言ったが今の時点では誰もこの人物が誰かは分かっていない


背は低い

フードを深くかぶっているからどんな顔をしているか分からない

だが家族の勘だろうか
精市には分かっていた







精).......A.....

story112→←story110



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (44 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
106人がお気に入り
設定キーワード:テニプリ , 幸村精市 , 立海
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あいりんご(プロフ) - すっげー面白すぎる!キュンキュンしっぱなし!トキメキをありがとうございました! (7月12日 23時) (レス) id: 5938cec330 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:鬼姫 | 作成日時:2018年5月14日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。