占いツクール
検索窓
今日:12 hit、昨日:139 hit、合計:19,067 hit

第15話 リクエスト ページ16

陸side

最近、俺は息切れが早くなってちょっと歩いただけで咳が出る。

だからあんまりベットから出ないようにしてたのに、今日はいつもより胸が苦しいというか違和感を感じる。

でもこういうのたまにあるから大丈夫だと思ってた。


隼「陸くん!」

「ん?どうした?」

隼「この問題教えて!」

「いいよ!」

隼に勉強を教えてる時は特になにもなかった。

だけど、しばらくしてなにもしてないのに胸が痛くなる。

「ゴホゴホッ…はぁっ」

黎弥「陸くんどうした?」

「なんもない。ハァ」

だいぶみんなに怪しまれたからトイレで落ち着かせようと思って立った時だった。

「イッ!…はぁっ、ゴホッ...ヴ...ゲホッゴホッゴホッ...」


さっきまでの胸の痛みが比にならないくらいの痛さが俺を襲った。

呼吸が上手く出来なくてみんなが声をかけてくれてるけど俺にはそんなこと頭に入らなかった。

「ウッ…ゴホゴホッ、ハァ…ヒュはぁっ、ンッ!」

勇征「りっくん!もうすぐ陣先生来るからね!」


その勇征の声を聞いて俺は意識を失った。




隼side

朝から何となく陸くん、テンション低いなぁと思ってたけどどうしても分からない問題があって陸くんに聞きに行った。

初めは普通に教えてくれててなんも気にしなかった。


なのに、突然呼吸が乱れて胸を抑えて苦しがった。

俺はずっと背中をさすってあげることしか出来なかった。


勇征がナースコールを押してくれたあと強く痛がって意識を失ってしまった。


陣「陸〜わかるか?陣やで」

亜嵐「陣先生!陸を助けて」

陣「意識を完全に失ってるから今から処置する。しばらくはこっち移されへんかもしれへんから。」


陣先生がそういうと陸くんに酸素マスクをつけてベットごと運んで行った。

第16話 リクエスト→←第14話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.0/10 (24 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
135人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , THERAMPAGE , FANTASTICS
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

えーたん(プロフ) - 柑凪さん» ありがとうございます!更新までお待ちください! (7月6日 6時) (レス) id: 0452669447 (このIDを非表示/違反報告)
柑凪(プロフ) - いつも楽しく読まさせて頂いてます!リクエストなのですが、健太くんが携帯を見ているときに事故のニュースを見つけて過呼吸になってしまうお話読みたいです。。 (7月6日 1時) (レス) id: a942384dbb (このIDを非表示/違反報告)
えーたん(プロフ) - ゆうかさん» はい! (5月4日 16時) (レス) id: 0452669447 (このIDを非表示/違反報告)
ゆうか(プロフ) - また更新楽しみにしてます! (5月4日 12時) (レス) id: 8d4e4af183 (このIDを非表示/違反報告)
えーたん(プロフ) - ゆうかさん» いえいえー!こちらこそリクエストありがとうございました! (5月4日 10時) (レス) id: 0452669447 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:えーたん | 作成日時:2020年4月6日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。