占いツクール
検索窓
今日:62 hit、昨日:141 hit、合計:1,058 hit
いつだっただろう。




母が無理して笑っているのに気づいたのは。




その日から私は母を苦しませないように泣かないように努力した。





そしたら母も辛い思いをしなくて済むのかな…









あてんしょん


・シリアスではございません。多分←
『シリアル』の間違いですね



・原作沿いに努めますが多少妄想は入ります。
あらかじめご了承ください。



・主人公ちゃん普通にいい子です。



・深夜のテンションで考えたので更新停止、または作品削除の可能性あり



・キャラ設定ちょこちょこ変えるかも



・落ちは死ぬほど未定



・リクエストが欲しい




以上のものが無理な方は回れ右でお願いします









『お気に入り登録と評価よろしくね』執筆状態:連載中

設定を行う場合はこちらをクリック







test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.44/10

点数: 9.4/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
23人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:月輝 ひのか | 作成日時:2019年5月12日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。