占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:73 hit、合計:3,002 hit

#97 ページ2

大貴side


涼介に買ってもらったアイスを食べながら歩いていると下からAの手が伸びてきて



「うー、う」

大「ちょ、おてて汚れちゃうからだめよ」

「うー!」

大「うー、じゃないのよ笑。Aさん、ぁ、こらっ」





なんてやり取りしてると、隣でケラケラと笑いながら動画を撮ってる人が1名…




大「何撮ってんの笑」

涼「ごめん笑。2人が可愛くて笑」

大「まぁ、別にいいけど」

涼「にしても、ほんとに大ちゃんに似て元気だよね笑」

大「ほんと元気すぎてアイス食べれないけどね笑。手が伸びてくるの笑」

涼「いいじゃん。好奇心旺盛だってことよ」

大「そうだね笑」




なんて話しながら車に乗って家に帰った


さっき撮ってた動画は某動画投稿アプリに載せてもらうみたい笑

これからも仲良し夫婦でやって行けたらいいな!

涼介がAにサンタさんを着せてデレデレだったのはまた別の話

作者→←#96



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.3/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
380人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:羽琉 | 作成日時:2021年10月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。