占いツクール
検索窓
今日:31 hit、昨日:79 hit、合計:15,931 hit

14 ページ17

廉side




校長室に行ったはずの紫耀が中庭で立っているのが見えた
なんか様子が変…?




「紫耀〜、伝えに行った?」





紫耀「んえ?」




絶対なんかあったやろ




紫耀「集会終わったら、話す」




それだけ言い残して歩きだした紫耀
ほんま、どうしちゃったん?









「え〜、今日から王子様になる子を紹介したいと思います」




聞いてわかる通り今は集会中
校長に話したらすぐOK貰えたらしい




紫耀「おいで?」




優しい紫耀の声と共にステージに上がってきた海人




海人「え、えっと…」




大勢の生徒を前にして驚いた顔をして固まっとる




「いつも通りでええよ」




海人「わかった…。
  きょっ今日から王子様になる1年D組の
  盒恭た佑任后帖得意なことはダンスです
  よろしくお願いしますっ!」




紫耀「えらいえらい、ちゃんと言えたじゃん」




海人の頭をなでながら優しく微笑んでる




生徒「キャーーーーーーーー!」




生徒の止まらない悲鳴を聞きながら中庭へと歩く俺ら




海人「はぁ、緊張したぁ〜」




紫耀「なぁ、廉」




「なんや?」




紫耀「話さないといけないこと、ある」




そういえば集会前、様子可笑しかったもんな




紫耀「ちょっと来てくれる?」




「ええけど、海人は?」




紫耀「…。」




海人「カイ、神のところ行くね」




悲しそうな顔をしたのを俺は見逃さなかった




「一体何なん?」




紫耀「神君…いや、神宮寺に海人を一生守るって言った。」




「神宮寺に…なんか言われた?」




紫耀が神宮寺に言われたこと、全部聞いた




「紫耀!もう一回や!
今度は一緒に!気持ちを伝えに行こ!」

15→←今更ですが…



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
103人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みのり - 早く続きだしてぐださい!! (11月9日 12時) (レス) id: 9fb16c3e99 (このIDを非表示/違反報告)
♪ふ * み * の♪ - いえいえ全然大丈夫です!わかりました!『l'll protect you (Kaito)』のほうでも、コメントをさせていただきましたので、もしよかったら、見てください! (11月5日 22時) (レス) id: 309281a740 (このIDを非表示/違反報告)
菜花桃(プロフ) - ♪ふ * み * の♪さん» 遅くなってしまい大変申し訳御座いません。作品名を変えて同時進行することにしました! (10月30日 13時) (レス) id: a153314d00 (このIDを非表示/違反報告)
♪ふ * み * の♪ - めっっっっっっっっっちゃゆっっっっっっっっっくりでいいので、同時進行で、お願いしたいです!頑張ってください!応援してます! (8月30日 0時) (レス) id: 309281a740 (このIDを非表示/違反報告)
菜花桃(プロフ) - 愛華さん» ありがとうございます!ゆっくり更新ですが、これからもよろしくお願いします!! (6月3日 17時) (レス) id: a153314d00 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:菜花桃 | 作成日時:2019年3月28日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。