占いツクール
検索窓
今日:87 hit、昨日:374 hit、合計:136,160 hit

19 ページ19

ご飯ができ、


リビングに持っていくと、


みんなキラキラした目で


キムチチャーハンを見ていた。




さ「A、俺の隣きて」



「はいよー!」

さとみくんの隣に座ると

なーくんが私の隣に座った。



な「俺、ここでもいいよね?」



「いいよ!ってか、お昼ご飯
食べよ!」



ジェ「いただきまーす」



る「ジェルくん、はやい…」



莉「いただきまーす!!!」



る・さ・な「「「いただきます!」」」


タイミング良すぎ…



「いただきまーす」

今日の昼ごはんはちなみに

キムチチャーハンとすまし汁。



うん、いい匂い…




な「A??食べないの?」



「あーー食べるよ。」

1口キムチチャーハンを食べると

相変わらず自分の料理の腕前に


納得する。




る「あのー、A」



「どうした、るぅとくん?」



る「美味しいです」



「おっ、喜んでくれて光栄!」




莉「Aのご飯すごく美味しい!!!
なんか、食べたことない味だよー。
店出せるぐらい」



「それは褒めすぎだから…。
料理に関しての腕前は自分で
分かってるから」




な「そういえばさ、
ころちゃんどうする??」



「ころちゃん?」



莉「俺たちのすとぷりメンバーの1人だよ」



「あー」

まだいたんだ…




な「ころちゃんだけ、Aの存在
知らないから、Aのこと
言った方がいいのか
言わない方がいいのか」




さ「そっかー!
あと、ころんだけ知らんのか」




な「Aはどうしたい????」




「えっ、また私に回ってくる?!」




ジェ「ころちゃん、危ないヤツやで」



「ほう。薬してるってこと?」



ジェ「そこまではしてない!!!
女の子に手出す確率は高いやつやで」



「…まぁバレた時に言えばいいよー」



さ「よっし!!」



ジェ「さとみ、俺は
頑張った」



さ「ナイスーー!!!」



な「じゃあ、バレるまでこのままで。」



「?」







莉「A、おかわりある!?」



る「僕もおかわり欲しい」



「あるよー!分量間違えたから沢山ある」



さ「また間違えたのかよwww」

20→←18



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (249 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
973人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

マッキー - 気に入りました!←何目線だよ 更新頑張ってください! (4月21日 8時) (レス) id: 957f55f12d (このIDを非表示/違反報告)
凛々 - ごめんなさいwwwがんばっての「っ」が消えてました (4月15日 18時) (レス) id: 884c8a9dc3 (このIDを非表示/違反報告)
凛々 - この小説めちゃくちゃ好きです!更新がんばてください!応援してます! (4月15日 18時) (レス) id: 884c8a9dc3 (このIDを非表示/違反報告)
あやの♪(プロフ) - 初めまして!もう、めちゃくちゃ面白いです!特に、夢主ちゃんとジェルくんの会話とかが本当に面白くて好きですwwこれからも更新楽しみにしてます! (4月15日 15時) (レス) id: 5ba2df906e (このIDを非表示/違反報告)
さーこ - はい、作者さん天才〜w (4月7日 14時) (レス) id: c4d998f115 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:無紫色 | 作成日時:2020年3月23日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。