占いツクール
検索窓
今日:35 hit、昨日:355 hit、合計:44,917 hit

第拾伍日目 夜 【鬼舞辻無惨】微* ページ7

「咲来A。りくえすと か?…そんなことをしている暇があったら鬼になり、私に貢献しろ。」

________


鬼舞辻無惨





『ハァッ…ハァッ…』



どういうことだ?



多すぎる



それに、いつもとは違う気配



『雑魚だけど、多すぎる、だろっ!』



ザシュッ…



後ろから来た鬼を斬って斬って



それでも減らない



元凶を絶たなければいけないかな。



『気配が強いな、こっちか』



ガサガサッ…



森を抜けると開けた場所に出た



『誰だ!』



「…」



月の光に照らし出される青白い顔



『…人?』



「ほう、ここまで来るとは」



「柱か?」



『だったらなんだ』



「…貴様、鬼になる気はないか?」



『え、ちょっと待って』



『人、食べなきゃ行けないんでしょ?』



「勿論」



『えー。やだよ』



「…は?」



私の答え方というか、砕けた口調が意外にも意外だったのか拍子抜けした声を出す。



『めんどいじゃん。日の下歩けないし』



「…ほう。貴様、面白いな」



柔らかく距離を詰めると



『らめふぇーふへー』



私の頬をムニムニとし始める



「…」



顔こそ笑っていないが、雰囲気からして楽しんでる気がするぞこれ



『てか、あんた鬼舞辻さんでしょ』



「分かっていてなぜ斬らない」



『んー。気分かな』



ほら、今こう言う話だからさ(メタい)



「名はなんという」



『ん?終夜A』



皮肉にも朝が連想されるような名前だ



「A。私の妻になれ」



『急すぎでしょ』



「拒否権はない」



『人権侵害ー』



頬をそっと包まれ



「私に歯向かうことは許さない」



『え、いやちょっ、』



「口を開けろ」



『え、』



言う通りにしないと消される気がする



刀はいつの間にか遠いところにあるし



おいおーい



「…」



チュッ…



クチュッピチャッ



『ん、…っぁ。』



私だけ息が切れていて、相手は余裕そうに私を見下している



「容易いものだな」



顔が蕩けているぞ?



「顔は火照り、息は荒い」



『そんなこと、ない、』



押し返そうとするがそれは叶わない



隊服から覗いた脚を撫でられ



背筋がゾクリとする



「…チッ 他の奴が来たようだな」



「次会う時は、A。」



「逃がさんぞ」ニヤッ



そう言い残して森に消えて行った

第拾陸日目 昼前【我妻善逸】*→←第拾伍日目 お昼過ぎ 【不死川実弥】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (84 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
378人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

緋桜琥珀(プロフ) - お疲れ様です。頑張ってください (2月10日 17時) (レス) id: 32df3e89ae (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - アップルパイさん» ご心配かけてすみません!めちゃくちゃ元気です。お楽しみに! (2月10日 17時) (レス) id: 47c47f0224 (このIDを非表示/違反報告)
アップルパイ - 最近、更新されてなかったから心配しました( ; ; )身体には気をつけてください!更新楽しみに待っています!!! (2月10日 17時) (レス) id: 34b6daf24f (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 凪さん» ご心配かけてすみません!ちゃんと大丈夫です(?)出来ましたら、もう少しだけお待ちください! (2月10日 16時) (レス) id: 47c47f0224 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - アップルパイさん» ありがとうございます!またお待ちしてます。 (2月10日 16時) (レス) id: 47c47f0224 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年12月7日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。