占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:110 hit、合計:112,386 hit

第九十二話 〔楽チン楽チン、この異能〕 ページ3

石川side



うちは異能を使い、時間を止めた。
今、この世界で動ける者はうちと太宰だけ。


太宰「相変わらず、面倒臭がりだねえ」


『面倒な事は大っ嫌いだからね。それがうちの取り柄だからね』


太宰「そうだね」


うちらは歩いて進んでいく。
いやー、うちの異能ってこう云う時に便利だわ←
え?異能の無駄遣い?

仕方ないじゃん!コレしか異能の取り柄ないんだから!



『あ、太宰。もしかしたら着いたら爆睡するかもしれないから…そん時はよろしく』


太宰「仕方ないねぇ」



それから数時間走り、合宿所に着いた。



『よっし異能解除』


そして時間が進んだ。てか



『………皆も連れてくれば良かった( ˙-˙ )』



太宰「あ、」




──────


切島「あれ!?太宰と石川がいねぇ!?」


爆豪「おいコラA……異能を使って自分スゲーアピールかぁ?あ?!」


上鳴「落ち着けって!」


轟「Aの異能だし、仕方ねぇよな」


緑谷「こう言う時はチートだもんね」


中原「おい……彼奴ら俺を置いていきやがって……殺す」



──────




『とか、云ってんだろうね』


太宰「まぁ予想はつく」

第九十三話 〔夕食〕→←第九十一話 〔魔獣の森〕



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (244 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1449人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , ヒロアカ , クロスオーバー作品   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

冬樹 - 両思いですね←更新期待してますッ!!(( (3月30日 13時) (レス) id: cf0d6f483a (このIDを非表示/違反報告)
雄里(プロフ) - 冬樹さん» 愛してます← (3月29日 22時) (レス) id: 02495464d7 (このIDを非表示/違反報告)
冬樹 - 好きです← (3月29日 22時) (レス) id: cf0d6f483a (このIDを非表示/違反報告)
雄里(プロフ) - 彗さん» あ、マジですか。直してきます! (3月6日 23時) (レス) id: 02495464d7 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - いつも楽しみにしてます!百二十話のマグネのセリフの所の表示が爆豪になってますよ! (3月6日 22時) (レス) id: a0fa80ddba (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雄里 | 作成日時:2018年9月24日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。