占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:196 hit、合計:29,725 hit

第4章 ページ33

Aside







目を開いた。


冷房をかけずに部屋を閉め切っていたため、部屋の温度湿度が上がったからだろう。




首筋に手を当てると、大量の汗をかいていた。





『あっつ…』




空調のリモコンを取ろうと、ベッドから立った時。






激しい吐き気と頭痛に襲われ、ぐにゃりと視界が歪んだ。







その瞬間、私は意識を手放した。









_________






ゆっくりと視界を開く。







り「Aちゃん!!!」


ジ「良かった…気付いたか…」


る「ほんとに良かった…めちゃくちゃ心配したんですよ…?」


な「今ナースコールしたから看護師さんすぐ来ると思うよ。」






何が何だか分からないまま、女性が入ってくる。





看「華乙女さん、気が付かれましたか?」




私の腕に刺さった針を変え、ベッドの隣に置かれた器具を器用に操作しながら話しかけられる。




看「華乙女さん、重度の熱中症で丸2日寝てらしたんですよ。
お友達も心配されてましたし、その中のお2人がずっと寝ずに看病されてたので疲労でさっき倒れてしまって…」



『えっ、…それってピンクの髪の人とグレーっぽい髪の人…ですか?』


看「そうですそうです。そこで寝てらっしゃいますよ。」





少し頭を起こして見てみると、簡易的なベッドに2人が寝かされていた。







『なーくん…私…』


な「A、部屋に戻ってから3時間ぐらい寝てたんだけど、外暑いのにクーラーかけてなかったでしょ?あの部屋、42度もあったよ。
しかも布団かぶってたから体温が上がって、海行ったままでずっと水分摂ってなかったから、脱水症状と熱中症。

みんなリビングに居たんだけどドン!って凄い音したから見に行ったら吐いて倒れてたから…。
それで救急車を呼んで、今。」




『あの2人は…?』



る「ころちゃんもさとみくんも睡眠不足と栄養失調で…今日の朝ころちゃんが倒れて、ころちゃんとAちゃん2人を看病してたさとみくんがさっき…。」




『そう…』



り「でも2人は食べて寝たら治るだろうって。」







?「もう治ったよ。」

.→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (35 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
120人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , 歌い手 , さとみ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:sky | 作成日時:2019年1月21日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。