占いツクール
検索窓
今日:30 hit、昨日:549 hit、合計:298,547 hit

5.模擬戦ーツーマンセルとー ページ25

sp「少しは手加減してくれたってええやないですか!」
「おっと…手加減しら怒るくせに何言ってるんですかね…」
zm「ショッピ君とばっか遊んでないで俺とも遊んでぇや」

ショッピの攻撃の合間を縫うように攻撃を仕掛けてくるゾム。絶え間なく襲う攻撃の嵐を流していたが、時間も時間だと思い、同時に襲ってくる2人の腕を掴むと引っ張り、互いに頭をぶつける形を取った。

sp「いっ!」
zm「っ!!」

衝撃が強かったのかその場に蹲る2人。その隙を見逃さず、2人の首を掴むと床に叩きつけた。

「はい、今度こそおしまいですよ」
zm,sp「「参った…」」
「さて…」

参ったと言う2人から手を離すと胸ポケットからいつの間に持っていたのかペンを先程気にしていた方向に投げつけた。

kn「なっ!アイツ!!」
sh「うちの兵士に何しとんねん!お前!!」

コネシマとシャオロンは自分たちの仲間を傷つけられたとAに殴りかかろうとしたが、

sr「お待ちなさい!Aが訳もなく行動はしなくてよ!」

ソーラが3人の間に入った為、殴り掛かることはできなかった。
Aの投げたそのペンは1人の兵の手に刺さっており、持っていた銃を落とした。

「まさか、今行動に移そうとするとは…勝負が着いたと同時に気が、警戒が緩む。そこを狙うのは確かに正解ですね」

コツコツと靴を鳴らし、銃を落とした兵に近づくA。

「しかし、グルッペン様がいらっしゃったと同時に出した殺気が隠しきれてませんでしたよ、γ国の観光客さん」
観「くそっ!」
「まぁ、幹部の方々も気づかない殺気は及第点ですね。おっと、逃げないでくださいな」

一度体制を立て直そうと逃げ出そうとした観光客に瞬時に近づき、顔面から床に叩きつけた。

「まぁ、俺も最初は誰を狙っているのか分かりませんでしたが…ね」
tn「捕らえろ!」

トントンの一声により、驚きで固まっていた兵達は動き出し、叩きつけられた観光客を捕らえ、地下牢へ連れていった。

5.模擬戦ーツーマンセルとー→←5.模擬戦ーツーマンセルとー



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (335 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1203人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 悪徳令嬢 , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

名無し - まさか執事側とは…(自分は執事が攻め派) あと塾水となっていますが熟睡では…? (9月9日 1時) (レス) id: f1451596cc (このIDを非表示/違反報告)
まーぶる(プロフ) - やっぱ、神作者様って凄いっすね……尊敬します!! (9月1日 0時) (レス) id: 202e147d3a (このIDを非表示/違反報告)
自宅警備員 - リクエストありがとうございます。めっちゃ嬉しいですー。全然大丈夫です。面白かったです。 (8月30日 13時) (レス) id: 124b1853e4 (このIDを非表示/違反報告)
akihiro kadota(プロフ) - No.0なるさん» 原作主人公が悪女になりそう(小並感) (8月30日 12時) (レス) id: f988da100a (このIDを非表示/違反報告)
すこ - 愛され主人公おいしいです!頑張って下さい (8月30日 7時) (レス) id: 73c5ecbfda (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:飛鳥 | 作成日時:2019年8月2日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。