占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:11 hit、合計:24,965 hit

At that time11-9* ページ39

寝間着を見た後、狡噛はゆきの方をじっと見た。
そこであることに気づく。




「…あんたは下着の上下を揃えないのか?」

「そんなこと…え?なんで…」

「下着も寄越せ」

「え…っ…あ、あっち向いてなさいよね!」



言われた通り後ろを向き、脱いだ上の下着を渡してもらう。

受け取った下着を見てみるとやはり、勘が当たった。




「…なるほどな。攻略アイテムの最後のひとつはあんたが隠し場所だったんだ」



破れた下着の中から、トランスポンダのアンテナが出てきた。

これでやっと通信機を使うことができる。





―地下室外―


「…この辺り…局所的だけど、かなり強力なジャミングがかかってますね」



六合塚が妨害電波の発信源を調べていた。



発信源は南西の方角。
マップ上には存在しない区画らしい。




「ここに中継基地を設営する。マップデータは信用するな。隙間という隙間をしらみ潰しに調べろ…それと」



宜野座が即座に指示を出す。

しかし、表情はいつもより厳しいものであった。




「狡噛は見つけ次第ドミネーターで撃て。警告は必要ない」

「でも、まだ脱走と決まったわけじゃ…っ」

「その判断はシビュラシステムが下す」





脱走でなければ、狡噛の犯罪係数にも変化はない。
せいぜい発動するのはパラライザーモードだ。




逃げる気があるのなら容赦なくエリミネーターが起動する。
サイマティックスキャンは誤魔化せないし、本心さえも数値化してしまう。



それでも、朱は宜野座に反論した。




「殺しても構わないって言うんですか!?宜野座さん友達だったんでしょ?」

「…これで狡噛が死ぬ羽目になれば…常守監視官、全ては君の監督責任だ。どうだ?自らの無能で人が死ぬ気分は」




宜野座の言葉が心に重くのしかかる。

そこで征陸の声がかかり、宜野座を掴み上げた。




「…なぁ、監視官それくらいにしとこうか。ちょっと陰険すぎるぜ」

「…くっ」





掴み上げた宜野座を、少々乱暴に降ろした。

宜野座に睨まれるものの征陸は笑ってみせる。




そして、通信の音が鳴り響く。




「…狡噛からです!」

『こっちの位置が認知できるな!?現在コード108が進行中!至急応援を!』

「ありったけのドローンを急行させろ!手当たり次第に経路を試せ!一台でもいいから到着させるんだ!」



宜野座の指示が響き渡った。

At that time12-1*→←At that time11-8*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
128人がお気に入り
設定キーワード:PSYCHO-PASS , 狡噛慎也 , 槙島聖護
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Mermaid | 作成日時:2017年7月28日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。