占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:75 hit、合計:20,003 hit

墓所の番人 ページ49

ガーデンにて植えられた3人の本体に異常無し。

それを確認したAは手帳へ書き込みガーデンを後にしようとした。

しかし、ガーデンから出る際に誰かとぶつかり手帳を落としてしまった。

ぶつかったのはヒガンバナだった。

彼は手帳を拾い上げるとそれをAに渡して、それから軽く頭を下げてガーデンに入っていった。

ヒガンバナ。

彼岸に咲くとされるからついたと言われている名前。

更に有毒植物というのもあって、それが決め手になってしまったのかもしれない。

実際に彼は人を殺すほどの毒を秘めている。

しかし、だからといってヒガンバナに限らず、毒を持つものが悪い訳ではない。

彼らは自分の身を守るために毒を始めとする武器を持ったに過ぎない。

だから、彼らを食べて中毒を起こしたものは皆『自業自得』なのだ。

つまり、ヒガンバナはある意味『被害者』と言えるだろう。

彼は、彼らは、何もしていないのだから。

Aはヒガンバナに声をかけた。

彼は無言でAへ視線を向ける。

「主...」

地を這うような低い声。
拒絶感が溢れた声で彼はAを呼んだ。

そして、何か俺に用か?とでも言いたげにAをジト目で見た。

Aはヒガンバナに1つ問いかけをした。

自身の本体を見て、どう思ったか?と。

彼は腕を組み、宙を見上げて考えてから、たった一言「醜い」と言った。

「葉が無ければ...花らしさも無い...
人々が...俺を見て、死を...あの世を連想させたが...まさにそれだな...見ていて、何故だか飢餓を思わせる...」

彼は自身の本体を睨み付けながら無感情で言った。

「俺みたいな...不吉な花は...アンタの側になんか居たって迷惑だろう...俺は...役になんて立てない...いつも...そうやって...除け者にされて...命を奪ってきた」

彼は震えた小さな声で言いきった。

それに対してAは否定した。

人間が勝手に決めた事で、ましてや自業自得の事で彼が卑屈になるのは間違っている。

第一ヒガンバナは人間が墓をモグラなどから守るために植えたもの。

彼は『墓所の番人』として、人間に必要とされて植えられたのだ。

それを不吉な花だ?ふざけている。

彼はそんな事に縛られずにもっと自分を誇っていいのだ。

それを伝えると彼の目が驚いた様に見開かれた。

そしてその時タイミング良くトウアズキとドクツルタケが現れた。

後は2人に任せる事にして、Aは園長室に戻ることにした。

あの顔を見る限りきっと大丈夫だろうから。

総統→←イイトコ探し



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
32人がお気に入り
設定キーワード:擬人化 , オリジナル , ファンタジー , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しあ。(プロフ) - カエンタケ先輩ぽいの崖にあっ…(・ω・) (7月11日 14時) (レス) id: 3344a8c17f (このIDを非表示/違反報告)
つばさ(プロフ) - すみません打ちミスです。でもありがとうございます!! (7月3日 21時) (レス) id: f4e2827c64 (このIDを非表示/違反報告)
ルヴァンネ(プロフ) - 返信が遅れてしまい申し訳御座いません。トリガブトとは恐らくトリカブトかと思われます。トリカブトならちゃんと出ていますよ! (7月1日 20時) (レス) id: d6627a81ed (このIDを非表示/違反報告)
つばさ(プロフ) - 続き期待します!! (6月30日 19時) (レス) id: f4e2827c64 (このIDを非表示/違反報告)
つばさ(プロフ) - トリガブトっていう植物があるんですけど、登場しますか? (6月30日 18時) (レス) id: f4e2827c64 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ルヴァンネ | 作成日時:2018年6月13日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。