占いツクール
検索窓
今日:67 hit、昨日:46 hit、合計:7,875 hit

月明かり ページ15

ここは、地下だ。
でも天井に窓があって、そこから月明かりが差し込んでいる。

そして、その明かりの下の質素なベッドの上に『それ』はあった。

人間?
そう勘違いしてしまうほどに、生き生きしていた。

上に並べられていた人形たちとは、比べ物にならないほど、人間らしかった。

彼は、そんな傑作のもとへ行くと、その頬を指でなぞった。

「まだ、目を覚まさないんだ。完成したばかりでな。新しい服も何着か作ってやらなきゃならないし」

愛しげに、その手をそっと取りながら、彼は続けた。


「もう、分からないんだ。かつては愛し、愛されるために人形を作っていたのに。今じゃ、『楽になりたい』って思ってる。俺が、今この子の側にいるのは、『愛されるため』で、『殺されるため』にだ」

彼は続けた。

自分は呪術の代償に、死ねなくなったと。
殺ぬための唯一の手段は、自分の作った人形に殺される事だと。

「この子が目覚めたとき、それが俺の死ぬときで、終わるときなんだ。どうせなら、愛した人の手で、終わりにしたい」

そして、この子も自分の手で、終わらせてやる。と。


「死ぬの? もったいない」

「アハハ・・・・・・そうだよな。やっと手にしたのに。でも、わがまま過ぎたよ、俺は。殺して、愛されようなんて、な。自分を全て、この子に押し付けた。この子の全てを奪って。それは望んで自分がしたことなのに」

「そしたらまた、嫌われるんじゃないの?」

何かに耐えるように、彼は傑作の手をぎゅっと握った。

「それでも、俺は愛してるんだよ。どうせ死ぬなら、殺されるなら、この子と繋がりながら、一思いに心臓を刺されたい」

僕と同じく動かない心臓に手を当てて、彼は寂しげに微笑んだ。

「きっと、死ねるよ」

「ああ、ありがとう」

message→←望むなら



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (26 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
152人がお気に入り
設定キーワード:ホラー , ヤンデレ , オリジナル   
作品ジャンル:ホラー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ルヴァンネ(プロフ) - (´・ω・`)さん» こちらこそ最後までお付き合いいただき、ありがとうございました! (9月28日 21時) (レス) id: d6627a81ed (このIDを非表示/違反報告)
(´・ω・`) - 面白かったです!ありがとうございました! (9月28日 21時) (レス) id: c93597294d (このIDを非表示/違反報告)
ルヴァンネ(プロフ) - 望月海さん» 無事に完結いたしました。初期からお付き合いいただきありがとうございました! (9月12日 14時) (レス) id: d6627a81ed (このIDを非表示/違反報告)
望月海(プロフ) - 初期からずっと読ませていただきましたが、本当に最高でした。完結おめでとうございます! (9月12日 14時) (レス) id: 9ce190e98a (このIDを非表示/違反報告)
ルヴァンネ(プロフ) - 馬鬼さん» なんとか完結いたしました。良い作品との評価ありがとうございました! (9月12日 12時) (レス) id: d6627a81ed (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ルヴァンネ | 作成日時:2019年9月12日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。