占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:4 hit、合計:52,684 hit

謝って三十一回目 過去編 ※暴力表現ありです。 ページ35

※暴力表現注意









彼女は自分でストレスを溜めていき、ついにはリスカもするようになってしまった。

自分で自分を責め…
まるで自分で自分の首を絞めるように…



遂に父親も我慢の限界だった。


父「おい、この皿割ったの誰だ?」

父「おい、これ、何したんだよ!!!」

A「私は何もしてないの!これは!妹が!!」

父「何言ってんだよっ!妹がそんなことするはずないだろ!!!」

A「本当だよ!信じて!」

父「嘘つくなよ!」

A…彼女は今日も殴られ、蹴られ、また痣が増えていく。特に足に集中しているため、もうスカートや短パンは履けないだろう。

まぁ、スカート、短パンを履かないといけない授業などは全部休もう、と考えていた。



友達に
「貴方は私から全て奪ったの。」
「友達も好きな人も。」
と、言われたこともあった。まぁ友達とそれ限りだったがな。

そして母親までもが暴言を吐き、暴力を振るってきた。
そしていつも決まってこの台詞を言う。
「貴方が居てもメリットなんてないのよ」
…っと。

そしてそう言われた日の夜に決まって彼女は自室に籠ってすすり泣きながら自分を責める。

ああ、私が悪かったんだ。
雪華、ごめん、ごめん、ごめん、ごめん、ごめん、ごめん、ごめん…

という風に。そのため彼女にはなんでも
”ごめんなさい”
という癖がついてしまった。

勿論今もその癖がある。




酷い日にはメチャクチャに殴られたことがあった。

彼女は

”ごめんなさい…!”

”許して!”

などを連呼した。だが止めて貰えず、三日程休んだ。

友達は心配もしてくれたが、所詮表面上だけか。先生すらも助けてくれなかったんだから。

まぁ当然か。家庭の問題に構い、自分が…と、自分の事しか考えてないのだろう。

Aは遂にそう考えてしまう。

謝って三十二回目 過去編→←謝って三十回目 過去編



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.5/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
43人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 過去 , 裏切り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みゅーな(プロフ) - みゆなさん» え、めっちゃレス遅れた…うん、仕方ないな、ドンマイ (2017年12月11日 2時) (レス) id: 22bd4768bf (このIDを非表示/違反報告)
みゆな - ひどいよぉ… おそ松さん見れなかったああああああああああ 兄居るから見れんかった (2017年11月22日 0時) (レス) id: 878b32a765 (このIDを非表示/違反報告)
みゅーな(プロフ) - みゆなさん» お前、手当たり次第にコメント書くなwwだってこれ大分前のだし (2017年11月21日 22時) (レス) id: 22bd4768bf (このIDを非表示/違反報告)
みゆな - すげー前のこと書いてある((( あれ本気で頭痛かったんだね(( そろそろ受験のべんきょうするわ((( (2017年11月21日 20時) (レス) id: 878b32a765 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みゅーな | 作者ホームページ:http  
作成日時:2017年8月10日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。