占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:1 hit、合計:5,096 hit

4 ページ5

むもside

薮「なぁむも。お前何か隠してる

だろ?」薮さんの言う通り隠してる。

何を隠してるかって?実は2年半jrの

グループに所属してたんだ。三人

グループのセンターで辛いことも

あったけど二人がいたから頑張れて

一応irのトップだって言われてた…

でもたくとがある日やめてしまって

どうしようか悩んでいる時にこの

ことを言われて、最初は断るつもり

だったけどあいつに入れって、俺の

ことは気にするなって言われて僕は

入った。でもやっぱり心残りはあって

また三人で活動したいって思ってる。

こんなこと皆さんに言えるわけない…

メンバーとして認めてくれたのに

こんなこと言ったらだめだよな

だから僕はとりつくる。

「何も隠してませんよ?」

山「嘘つくなよ」知「教えてよ。

メンバーじゃん」メンバーか…

「だから何も隠してませんって」

山「今日は見逃してやるけど明日

ちゃんと言えよ」僕らは車に乗った

5→←3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.4/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
20人がお気に入り
設定キーワード:Hey!Say!JUMP , 新メンバー , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:薮光愛ing | 作成日時:2018年4月8日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。