占いツクール
検索窓
今日:58 hit、昨日:445 hit、合計:62,404 hit

(9) ページ10

その日はすぐに家に帰って、前からリクエストがたくさん来ていたという企画をすることになった。





そら「この企画はAメインだよ。」

『え、なんで?(笑)』

そら「ファンからしたらAってミステリアスな存在なんだって。だからAの質問コーナーやって欲しいっていうリクエストすごかったんだよ(笑)」

『本当?それは嬉しいけど(笑)』





アバンティーズのファンが私に興味も持ってくれてることがすごく嬉しかった。





リクヲ「今日は画面に映るのAだけだよ(笑)」

ツリメ「俺らは質問する方だからカメラ側にいるよ(笑)」

エイジ「頑張って〜。ファイト〜。Aなら大丈夫〜(棒)」

『えー、緊張する…。そしてえいちゃん棒読みやめて!(笑)』

そら「はいはい〜、もう撮るからAはソファ座ってね。みんなはこっち〜(笑)」





言われた通り、緑色のソファに座る。





そしてカメラの方に4人が座る。




いつもと真逆なポジションに違和感しかない(笑)





エイジ「じゃあ撮影始めるよ〜。」





えいちゃんがカメラの録画ボタンを押す。





ピッ、と無機質な音が部屋に響いた。





あれ、えっと、あ、最初は挨拶しなきゃ!





『はいどーも!アバンティーズのツリメの妹のAです!』

エイジ「紛らわしいな(笑)」

4人「www」





カメラ側からのえいちゃんのツッコミとみんなの笑い声で少しだけ緊張が解れた。






『笑わないで!(笑)

えっと、今日は私の質問コーナーをしていこうと思います。えー、たくさんリクエストありがとうございました、はい。えーっと、んー。あ、YouTuber慣れしてないので上手くできるか分かりませんが頑張ります!』

そら「本当にYouTuber慣れしてねぇ(笑)」

『当たり前でしょ!!(笑)』

4人「www」





これ本当に大丈夫かなぁ…(笑)

(10)→←(8)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (122 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
822人がお気に入り
設定キーワード:アバンティーズ , YouTuber , 恋愛   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

りんご(プロフ) - めえさん» ありがとうございます!こんなにおまたせしてしまったのに温かいコメント嬉しいです...! (4月28日 23時) (レス) id: ee23db9c55 (このIDを非表示/違反報告)
めえ(プロフ) - むしろ素敵な小説を書いてくださりとても嬉しいです!更新頑張ってください!ゆっくり待ってますー (4月28日 23時) (レス) id: bb2eb72023 (このIDを非表示/違反報告)
りんご(プロフ) - ぷうさん» ありがとうございます!励みになります(;;) (3月21日 23時) (レス) id: ee23db9c55 (このIDを非表示/違反報告)
ぷう - とっても面白かったです! (3月21日 23時) (レス) id: dad2c8923a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:りんご | 作成日時:2019年3月21日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。