占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:2,052 hit

第189話「双黒と女王の日常」夢主 ページ49

「おい、クソ太宰。その人形寄越せ。」
「駄ー目。万一に備えて、私が預からせて貰うよ。…ねぇ、いろはもその方が良いよねぇ?」
「え、私ですか?…まぁ、そうですね。万一という事が有りますから…。」

Qをおぶって階段を上がっていく中也さんの後ろを、太宰さんが人形を抱えながら追いかけ、私は苦笑いしながら、そんなお二人についていく。

「あぁ糞、昔から手前は俺の指示を露程も聞きゃしねぇ!この包帯の付属品が!」
「あ、それは一寸酷いです、中也さん。」
「何だって?中也みたいな帽子置き場には云われたくないね。ねぇ、いろは?」
「太宰さんも酷いです!」

私は少し怒った口調で太宰さんからの問いかけに答える。
其れを聞いた中也さんは、勝ち誇ったように自慢げな顔になられ、それから「この貧弱野郎!」と太宰さんに叫んだ。

すると、太宰さんは少しむっとしたように「ちびっこマフィア。」と仰る。
それに対して、中也さんは「社会不適合者!」と、再び叫ぶ。

一方、「社会不適合者」と罵られた太宰さんは涼し気な顔で格好つけていた。

「その程度の悪口じゃそよ風ぐらいにしか感じないねぇ。寧ろ、いろはに叱られる方が傷つくよ。」
「ぐっ…!…手前が泣かせた女全員に今の住所教えるぞ。」
「ふん、そんなこと…__。…それはやめてくんないかな?」
「えっ、待ってください。そんなに沢山の女性の方を泣かせてるんですか?ちょっと失望しました…。」

私が少し太宰さんから距離を取ったことに気が付いた太宰さんは、少し涙目で一歩私に近寄り「厭、違うのだよいろは!」等と云っているが、私は更に距離を取る代わりに、中也さんを盾とすることにする。

「はっ…!ざまぁみやがれ、青鯖。」
「くっ…、蛞蝓の癖に!いろは〜〜、怖くないよ、出ておいで〜…。」
「ふん!太宰さんが女好きなのは知ってましたが、其処までとは思いもしませんでした!その汚らわしい手で二度と私に触れないで下さい!」
「いろは〜〜!違うのだよ、聞いてくれ!」
「い、や、で、す!言い訳は聞きたくありません!」
「いろはぁ〜〜!」

中也さんの辺りをくるくると回りながら太宰さんから逃げる私と必死そうに涙目で追いかける太宰さん、それを中也さんは勝ち誇ったように微笑みながら時々太宰さんの邪魔をする。
そんな日常の1コマは、私が太宰さんから逃げきろうと、小屋の扉を開いたことによって、次の瞬間には終わりを告げた。

「!?」

第190話「女王(?)と私。」夢主→←第188話「眠り姫・参」夢主



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 中島敦 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:業猫 | 作成日時:2019年9月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。