占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,041 hit

第185話「双黒の喧嘩」夢主 ページ45

私は胸が熱くなって、思わず少し涙ぐむ。
ポートマフィアは、合理化の権化だ。情なんて邪魔でしかない。
ずっと、そんな環境で、世界で生きてきた。
それは太宰さんや中也さんも同じで、私もお二方も、任務に情は持ち込まない。持ち込まないようにしている。
故に、優しいけれど厳しいお二方が、私の為だけに「優しい言葉」を紡いで下さったのだ。
「優しい微笑み」を、作って下さったのだ。

私はそれが嬉しくて仕方がなかった。

私は、口を開いた。
優しいお二方にお礼を云うためだった。
…けれど、私の感謝の言葉は顔を見せずに引っ込んでしまう。

「全く…ここ数年で最低の1日だよ。あと蛞蝓、いろはの隣を歩かないでくれる?」
「何で俺がこんな奴と…。と云うか青鯖、いろはに触るンじゃねェ。」
「……ほんと、何でそんな仲が悪いんですか。お二人が揃えば恐るるに足る敵など、そうそう居ないと云うのに。」

私の肩を抱く太宰さんと、其れを睨みつける中也さん。
そんな光景を目にした私の口から、感謝の言葉の代わりに顔を出したのは、大きな溜息であった。

と、その時、お二人は殆ど同時に扉のドアノブに手を伸ばす。
私を挟んで、偉大なる双黒のお二人はじっと睨み合っていた。

「俺といろはの隣を歩くんじゃねぇ。」
「中也が私達の隣に来たんじゃあないか。」

何時もの仕様も無い喧嘩が始まったので、私はもう一度大きな溜息を吐くと私が扉を開けることにする。
その直ぐ後ろで、お二人の口喧嘩はまだ続いていた。

いつも通りだ。
このお二人が揃えば、怖い物なんてない。
最恐で最強なのだ。
それは、間違いない。
だって、私はずっとすぐ後ろでお二人の…双黒の、活躍を見てきたのだ。支えてきたのだ。
けれど、そんなお二人は顔を合わせればすぐに喧嘩が始まる。
そんな何度も見てきた光景が、私にはとても大切で、護るべきものの一つな気がしていた。

第186話「眠り姫・壱」夢主→←第184話「双黒と女王」夢主



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 中島敦 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:業猫 | 作成日時:2019年9月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。