占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:6 hit、合計:2,049 hit

第183話「女王と○○」夢主 ページ43

対峙したヨコハマの二大異能組織の長たちは、数秒の間、じっと見つめ合う。
永遠に続くかと思われた、鉛のように重い沈黙は社長の静かな声で、うち破られた。

「……竟に、この時が来たな。」
「探偵社とポートマフィア。横浜の二大組織の(トップ)が、こうして密会していると知ったら政府上層部は泡を吹くでしょうねぇ。」

社長の言葉に微笑んで返す森さんを、私はじっと睨み付けていた。
___何故なら

「……単刀直入に云おう。探偵社の或る新人が、貴君らポートマフィアとの「同盟」を具申した__。」

何故なら、この社長の言葉が…愛すべきこの街の暗部を牛耳るポートマフィアとの交渉の始まりを意味するから、であった。

さて、そんな中始まった交渉だったが__見事に、炸裂したのだった。
死人が出なかっただけマシ(・・)である。

「__ねぇ太宰さん、そう思う事にして下さいよ。」
「でも、ねぇ。だって、朝から嫌な予感しかしないのだよ、いろは。」

私は太宰さんが幼子のようにごねる様子を、少し苦笑いをしながら眺めていた。

先程日が顔を隠したばかりの空は、入れ替わるようにちらりちかりと星が瞬き始めており、私は少し胸を躍らせる。
私は、この時間が好きなのだ。

昼は明るすぎて居心地が悪いし、夜は暗すぎて安心出来ない。
はぐれ者の私にとって、この時間は1番安心出来る時間であった。

「……いろはは、ご機嫌だね。」
「えぇ、この時間が1番好きですから。それに、太宰さんと二人きりの任務、というのも…とっても、嬉しいです。」

私は太宰さんに微笑みかけると、太宰さんも少しだけ、口角を上げた。
…と、その時。
前方に小さな山小屋が見えてきた。

「……着きましたね。」
「嗚呼。…あれが、Qの監i禁施設か。」

太宰さんの言葉が引き金になったらしく、後方から照明が辺りを明るく照らす。

「「!」」

思わず振り返った私達の目に映ったのは__

「……こんばんは。逢引(デェト)を邪魔して済まないね。」
「作戦参謀のルイーザ嬢は敵の行動予測が得意なんだ。」

私は、目を見開いた。
組合の少年の後ろに立っていたのは、見間違う事なく__私の部下であった、ソル…アグラソルだった。

「……成程、罠と密偵(スパイ)か。いろは。私情は捨てろ。そして__」
「敵を殲滅せよ、ですね。」
「嗚呼。…殺さない程度にね。」

私は頷くと、女王を呼び出したのだった。

__第183話「女王とソル」

第184話「双黒と女王」夢主→←第182話「首領からの贈り物」夢主



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 中島敦 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:業猫 | 作成日時:2019年9月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。