占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,058 hit

第164話「夜叉白雪と女王」夢主 ページ24

「……何しに来たの、いろは姉さま。」

ぎろりと私を睨みつける鏡花ちゃんに、私は少し肩を竦めて見せる。

「安心して、貴女を光の世界に戻しに来た訳じゃ無いから。私は敦くんと違って其処までのお人好しじゃないの。人にはその人に有った世界が有るものだしね。」
「……なら、何をしに……?」

私は近くに有った折り畳み式の椅子に腰かけると、何時もの様に微笑んで答える。
相手が衰弱していようと精神的に参って居ようと、私には関係ない。
相手が欲しいんじゃなければ、関係ない。

「……敦くんの居場所を探ってる。知ってる情報全てを吐きなさい。命令です。」
「私には、いろは姉さまの命令を聞く義理も理由も無い。」
「その通り。私は貴方の上司じゃなければ友人でもない。そして……貴方自身に、興味はない。」

私はそう云うと、電話を取り出す。
折り畳み式の、今ではとても珍しい型のものだ。

「其れ……は……!」

……そう、鏡花ちゃんのご両親の形見である携帯電話だ。
其れを開くと、左手に持つ。其れから右手で自分の……マフィアの人と連絡する様に使っていた電話を取り出すと、鏡花ちゃんの電話に掛けた。

「……夜叉白雪。泉鏡花が、敦くんに関する情報を吐くまで殺さない程度に拷問しなさい。」

私の声に反応した夜叉白雪は姿を現すと、鏡花ちゃんの首筋に刀を____

「……判った!話す!話す、だから……夜叉を、止めっ、止めて……!」

私は少し微笑んで見せる。

「夜叉白雪、命令を取り消します。但し泉鏡花に不審な行動が見られたら……直ぐに処分する様に。」

私の血は黒い。真っ黒だ。
私と彼女は似ている。
血の色も、匂いも、力の無さまでも……。
でも、私と彼女は違う。
違う点は……

「……鏡花ちゃん。鏡花ちゃんは、私と違ってまだ失ってない。まだ間に合う。……大丈夫。貴女は、向いては居なくても光の中で生きるべき存在なのだから。望むなら、手を貸してあげても善い。」

まだ、彼女は終わっていないのだ。

第165話「夜叉白雪と光の世界、花と極寒の世界」夢主→←第163話「妹のような」夢主



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 中島敦 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:業猫 | 作成日時:2019年9月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。