占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,255 hit

第161話「操り人形?」夢主 ページ21

「無論、取引ですから…此方からは、情報を売りましょう。」
「……情報?其れは、特務課にとって有益なものなのですか?」
「勿論です!内容は、ポートマフィアと取引している政治家のリストと、その証拠です。如何です?貴方達が手を焼いている問題でしょう?」

私は微笑むと、茶封筒をひらひらと見せつける。
特務課にも、一応友人は居る。
其の友人からの愚痴で仕入れた情報だ。
間違いは無いだろう。

「……善いでしょう。手配しておきます。」
「今日中にお願いします。急ぎの用事なのです。……最も、鏡花ちゃんは私にとっては如何でも善い。目的は鏡花ちゃんの知る情報なのだから。」

真剣な顔でそう云う私を、かなり驚いた様な顔で安吾さんは見詰める。
……それ程に意外だったのだろうか。

「……何の為に、其処まで?太宰君からの命令なのですか?」
「いえ、私の独断で行動しています。目的は、行方不明になっている敦くんの捜索。……大切な、人なので。」

そう云った私に、何が可笑しかったのか、安吾さんは笑い始める。

「あの、何がそんなに可笑しかったのです、安吾さん?」
「ははははは、厭、可笑しい訳では有りません。貴女が其処まで「人間らしく」なっているとは!僕の知る貴女は、太宰君の操り人形の様でしたからね!」
「操り人形……って……。酷くないですか、安吾さん!」

私は頬を膨らませる。
けれど、安吾さんは嬉しそうに笑い続けていた。

……そんなに、人形みたいだったのだろうか。
それはそれで結構ショックである。

第162話「太宰治の恋心」太宰治→←第160話「行方不明の虎」夢主



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 中島敦 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:業猫 | 作成日時:2019年9月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。