占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:19 hit、合計:9,508 hit

ページ6

すべて終わり病院を出る頃には、夕方になっていた。



「祐、このままみんなのお迎え行こうか。
亀梨先生にも、お話しないといけないし。」



「…亀梨せんせー、もう怒ってない?」




あぁ、この感じ懐かしいな。








『A、どうしたの?』



おそらく、また亮ちゃんにでも叱られたんだろうとは思いつつ、一応聞いてみる。



『亮ちゃんが怒った』



しゃくりあげながら泣くAに、よくもまあ叱られるネタが尽きないよなと、苦笑いしてしまう。



『そろそろ中に入ろうよ。』



手を引いて玄関に歩き出すと、Aは立ち止まって不安そうに俺に聞く。



『亮ちゃん、もう怒ってない?』







こんなところ、親子だよなぁ。



「まだ怒ってたら、一緒に謝ってあげる。」



そして、この返しは俺が決まってしていたものだ。



「こんにちはー。」



保育園について年中さんの教室に入ると、シゲがすぐにAのところに駆け寄ってきた。

いつも、祐のあとをのんびり歩いてくるシゲにしては、珍しい。

シゲに絵本を読んでくれていた亀梨先生も、その後ろを歩いてくる。



「祐は?!だいじょーぶ?!」



あぁ、そうか。心配だったんだ。



「大丈夫。しばらくは静かに大人しくしてなきゃダメだけど。」



「もー、しんぱいかけて!」



シゲの返答に、Aが吹き出した。

ま、吹き出しちゃうよな。



「なんで笑うの!」



そんなAに、シゲが怒る。



「ごめん。シゲ、お父さんに似てきたなーって。」



そう、これはいつも周りをヒヤヒヤさせるAに、俺がよく言っていたこと。

双子で、片方は父親、片方は母親にこんなにも似るなんて。

子供が自分に似ているって、やっぱり嬉しい。



「祐也くん、どうでしたか?」



「骨折してました。しばらくは安静にするようにとのことでした。」



「ゆう、わかった?」



「もー、分かった分かった!」



…本当に、俺らに似てる。

これ、亮ちゃんが見たら爆笑するんだろうな。



「分かりました。
僕の方でも、気をつけて見ておきます。」



亀梨先生は、今度はしゃがんで祐に目線を合わせた。



「祐。」



さっきより低くなった声に怒られることを察知した祐は、Aの後ろに隠れようとした。

しかし、Aから背中に手を当てられてそれは叶わない。



「ちゃんとお約束を守らないと、こうやってケガをしちゃうんだぞ。
シゲ、ずっと心配してたんだからな。」



「…ごめんなさい。」



祐が謝ると、亀梨先生はニカッと笑って祐の頭を撫でた。

続く お気に入り登録で更新をチェックしよう!

最終更新日から一ヶ月以上経過しています
作品の状態報告にご協力下さい
更新停止している| 完結している



←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
90人がお気に入り
設定キーワード:NEWS , 家族 , 山下智久
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あかり - また更新楽しみにしてます (9月7日 21時) (レス) id: 8a688d2f78 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆず | 作成日時:2019年1月27日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。