占いツクール
検索窓
今日:35 hit、昨日:70 hit、合計:419,699 hit

10話 ページ12

めぐみside

ひたすら走った。外が豪雨だということも忘れて_____

涙で視界がゆがむ___

 

 

 

慣れないヒールで雨の中を走ったせいか、足を滑らせてくじいてしまった

ふと気づいたら太宰さんがよく入水する川に架かる橋のそば

豪雨の中走ったから、おかげさまでびしょ濡れだ

 


 
 

 

 
 
 
 
 

そこに見慣れた人影____



「っ太宰さん...。」







痛めた足を庇いながら隠れたつもりが、どうやら無駄だったようだ

私に気づいた太宰さんがゆっくり近づいてくる

手を伸ばされ、思わず目を瞑ってしまった

 
 

「...いっ!」

 
 

彼の綺麗で長い指は痛めて赤く腫れてしまった足首に触れていた

顔を上げると優しい太宰さんの顔






太宰「足、痛めたのかい?」




「...。」




黙っていると太宰さんは「...背負うよ。」と手を伸ばしてくる




「いっ...嫌っ!!」




私は思わずその手を振り払ってしまった

驚く太宰さん




「あっあの!大丈夫ですから...。放っておいてください...。」




太宰「君は...。」




「えっ...?」




太宰「君はいつもそう一人で抱え込む。ポートマフィアにいた時も私と出会った時も。私は頼ってほしいと何度も言った。今もそれは変わらない、悪い子だ...。」






豪雨のせいか、太宰さんの声がだんだん聞こえなくなってきた

でも最後の言葉は確実に聞こえた





 


太宰「君みたいな恋人を持った覚えはないよ...。さよなら。」

 


 
 
 






 

 



_____私の中で何かが崩れ落ちた。

 



 



 



 








 
 
 
「あぁぁぁぁぁぁ!!!!」








私は心配してあとを追ってきた谷崎くんの前で気を失うまで、人通りのない橋の上で子供のようにひたすら泣き叫んでいた_______









太宰さんは、いつの間にかいなくなっていた



*****

さぁ面白くなってきましたよっ!!(*´艸`*)笑

皆様から良い評価を頂けるようにこれからも更新頑張ります!!

感想などコメントお待ちしていますね!!


変更多くてすいません...。

11話→←9話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (300 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
642人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 文スト , 双黒   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

麗優(プロフ) - とても素敵な作品でした。どのページを読んでも胸が締め付けられるぐらい切なかったし、いろんな場面で泣きそうになりました笑 (3月28日 10時) (レス) id: b47abc622c (このIDを非表示/違反報告)
手紙飛行記 - 後半、泣いてまう (3月22日 22時) (レス) id: 353ff5e2c5 (このIDを非表示/違反報告)
セシルさん - 最高です!!全部一気に読んじゃいました!毎日の楽しみです。何回も読み直してますwww.もう中毒ですねw (3月15日 22時) (レス) id: 1af9cd9cb4 (このIDを非表示/違反報告)
ゆずれもん(プロフ) - あかりさん» コメントありがとうございます!!イベントというものに参加してみたいなと思いまして...楽しんで頂いて何よりです!!続編もありますので是非お立ち寄りくださいませ^^ (1月29日 15時) (レス) id: 692a8e0181 (このIDを非表示/違反報告)
あかり(プロフ) - イベント参加ありがとうございます! すごい面白いです これからも頑張って下さい! (1月29日 2時) (レス) id: 59dc504c48 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆずれもん | 作成日時:2018年1月8日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。