占いツクール
検索窓
今日:120 hit、昨日:36 hit、合計:19,618 hit

29 ページ30

CecilのAは俺の知ってるAなんだ。

落ち込んでいた気持ちが無くなっていく。

北「探ろうと思った理由は?」

未琴「お仕事を一緒にさせてもらって気づいたからよ。」

横「7年前Aが襲われた理由を知るためじゃないの?」

藤「それが、玉に関係するのか?」

じわじわと縄で占めるように追及していく3人.

未琴「7年前、snow drop の裏通りでAは襲われた。 誕生日に貰ったって喜んでたブレスレットをして1か月経ったころに…。 だから、その人が関わってるんじゃないかって。」

俺に関わる人なのか?誰だろう?

横「それだけで、裕太が関わってると限らないよね。」

北「犯人わからないの?」

未琴「わからない。Aは襲われた時の記憶を忘れてるから…。」

北「襲われる前の記憶はあるの?」

未琴「あるけど、おぼろげにしか覚えてないと思う…。」

俺をAは覚えてる?

30→←28



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
50人がお気に入り
設定キーワード:Kis-my-ft2 , 玉森裕太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:saryu | 作成日時:2020年4月5日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。