占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:340 hit、合計:114,738 hit

Episode 3-23 ページ15

「……さっきのオレかっこよかった気がするんだが!?」


「寝転がってる人が何言ってんの?」


「空気読んで……ちょっとは手加減するとかないの?」


「手加減してますけど。」






「なん……だと!?」とか神妙な顔してるけど、
これでも結構緩めにやってるからね?


お巡りさんがガッカリしないように一生懸命
やってるフリをしていたけど、もったいない
台詞に呆れたのでさっさと終わらせた。





「最後のアレが無ければかっこよかったんですけどね〜。」


「お前が普通に俺をぶん投げるからだろ!?」


「あんな事言われたら私がそっち側になってた
かもじゃん……それはヤダ。」


「負けず嫌いか!!」







そのセリフそのまま返すけどね!?
かれこれ2時間はずっと同じことの繰り返しだったからね!!!



個性を使わないルールだからって生身の
お巡りさん相手に生身で戦い慣れしてる
私からしたらただの暇潰しにしかならない。



……暇潰しにもならない程暇だったけどね。







「何で個性使わないルールなわけ?
超人社会舐めてんの??」


「お前がそれ言うのッ?!」


「個性使われたらこっちも使うしかないじゃん。
まさか情とかかけてるわけじゃないよね?
殺気を向けられてあまつさえ、個性とか武器
持ってこられたら…殺されても文句言えないでしょ?」


「……まぁな、そん時はもちろんこっちも全力で
行くに決まってる。だがな、個性に全部を頼る
のは別の話だ…戦う為の技術と基礎は必要だ。
…お前の言うそれが脅しの道具じゃねェ事ぐらい分かってる。」






でも、お巡りさんのレベルだともう基礎技術は
あると思うんだけど?



個性の制限を少しでも伸ばす特訓とかの方が
お巡りさんの為だと思うし。



「お巡りさんの人望の厚さが此処で出るんだろうね。」


「お?分かるか??」


「まぁね、お巡りさん以外は成ってないし。
それに付き合ってあげてんでしょ?」


「そんな上からじゃねェよ。
学ぶことは沢山ある…味方の力は知り尽くすべきだろ?」







そういうことを言ってのけるから……。
だから貴方の周りには人が集まる。
信用・信頼・信任私に無いもの。





……ないものねだりは良くないよね。





私には彼のような人間にはなれなかった。
人の為に動けない人間だから。
自分の為にしか動けない人間だから。
私にはそれが無い。

Episode 3-24→←Episode 3-22



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (83 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
239人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , REBORN , 僕のヒーローアカデミア   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

黒揚羽(プロフ) - REBORNもヒロアカも好きでこの作品の更新が楽しみです!頑張ってください! (10月6日 11時) (レス) id: f47ff8eb85 (このIDを非表示/違反報告)
ますしん - 唄詠さん» 更新嬉しいです!主人公かっこいいですね…さすがマフィア。これからの行方が楽しみです!! (9月30日 23時) (レス) id: 507875b85f (このIDを非表示/違反報告)
唄詠(プロフ) - むーちゃんさん» ありがとうございます!!頑張ります!!(- - )ヾ (9月10日 23時) (レス) id: ea4e738573 (このIDを非表示/違反報告)
むーちゃん(プロフ) - この作品とっても面白いです!更新頑張ってください!応援してます!! (9月10日 3時) (レス) id: 1d65e0e366 (このIDを非表示/違反報告)
唄詠(プロフ) - 秋が生きやすいさん» ご指摘ありがとうございます!! (8月19日 2時) (レス) id: ea4e738573 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:唄詠 | 作成日時:2019年8月17日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。