占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:225 hit、合計:40,518 hit

Episode 12-13 ページ25

ありがとう優しいひと。



「貴方って根っからのヒーローなのね。
あの日、私を見つけてくれたのが貴方で本当に良かった。」



「…行かせねぇと言ったはずだが?」



「いいえ、無理よ……だって私の方が強いもの。」






彼の目が赤く光ると同時に髪が重力に逆らう。



…本気なのね。




あぁ、でも本当にそういう所に私は救われたの。







だって私の世界は私にお前は護られる側なんだよって言ってはくれなかった。





…誰ひとりとしてそんな事言ってくれなかったッ!!







「…家族を見限り、妹を見捨てた私を守ろうとしないで……私を倏鮴祗瓩噺討个覆いッ!!!」



「だったら最初からそう言え!!嫌なら嫌って言え!!
言葉を綴らずに分かって貰おうなんて思うなよ…人間ってのは言葉にしねぇと分かんねぇことだらけなんだよ!?なぁ、お前はそれでも行くのか?
怖いと死にたくないと思うんなら俺の手を取れ!!」



「…きっと此処に居続けたら……イレイザーさんの元に居続けたら私は、弱くなる。」



「弱くていい!!お前まだ15歳だぞ?
甘やかされて当然だろ…護られて当然だろうがッ!!
それなのに選ばれたからと、仕方が無かったからと諦めた続けたお前に誰も言わなかったのか!?
その席を放棄しろと!捨ててしまえと誰も…言わなかったのか!!?」



「言わなかったよ…言われなかったから私は受け入れたんだ!!私が何を思っても、誰が何と言おうとももう意味が無いところまで来てるのよ?!
用済みとなっても結局私は…縛られたまま生きなければならない。
私はもう世界が残酷だということを知っている!!」






明確に善と悪が別れるこの世界と違って私たちの世界は曖昧だった。




それでも私達は私達を善と掲げた。




もちろんクソ野郎だって居た!!
世界をゲーム盤としてか見てなかった奴とかね。




でも、そんなの関係無いのよ…。





だって誰もが正しく間違っているのだから。
この世に真の正解なんてありはしないのだから。

Episode 12-14→←Episode 12-12



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (72 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
487人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , REBORN , クロスオーバー   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

printemps(プランタン)(プロフ) - わぁ、的確… (5月5日 13時) (レス) id: a86d5a1323 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:唄詠 | 作成日時:2020年4月1日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。