占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:65 hit、合計:40,287 hit

Episode 12-12 ページ24

「ダメだ…行かせられない。」


「いいえ、私は行きますよ。」


「お前は!怖いと言ったッ!!」


「ッ!!」


「それはお前が死にたくないからだろ!!
恐いなら行くな!!死にたくないなら行くなッ!!
白雪…お前はまだ子どもだ、護られる側なんだよ。
同年代の奴らと比べて大人びちゃいるが…あぁ、そうだな狹渦鶚瓩垢襪茵」




駄目よ…それ以上言わないで。


それ以上は言葉にしてはいけない!!




私はもう覚悟を決めたのだから…だからッこのまま見送ってよ!!






「あの日、俺とお前が初めて会合した日だ。
俺は言った『お前は大人過ぎるよ』ってな…だがこれは間違いだった、だから撤回させてもらう。」





……お願いだから…それ以上は!!





「お前は子どもだよ、ちゃんと年相応なガキだ。
大人ぶって達観してるただの少女だよ。
だからお前が当事者でもお前はまだ護られる立場の小さな命だよ。」



「いいえ……いいえ!!私はもうただの少女じゃないのよ!?
護られる側では無く護る側の人間なの!!
私は皆を護り世界を守護する存在!!
そんな私が巻き込んだ…あってはならないことだ!
その立場に居ながら私は皆を巻き込んだ!!」



「お前は言った…この世界より平和だと。
そんな世界にも色々あるんだろう。
だが、そんな平和な世界を何でお前が守る?
こんな小さな身体で何でその狎吻瓩傍鐶海韻!?」



「簡単な答えね…私がそういう狢減澂瓩世らよ。
そう在らなければいけなかった。
そうすることしか許されなかった。
だから私はそれを受け入れた、受け入れるしかなかった……始めから選択肢なんて無かったのよ。」





突然現れたチェッカーフェイス。


伝えるべき事を伝えるだけ伝えて…消えた。



お前は風のアルコバレーノだと。
それだけ告げて消えたアイツ、そして呪われた私。






本当に、どうしようも無かったのよ。



仕方が無かったことだった。
恨んでも憎んでも呪いが消えるわけじゃない。
何かが変わるわけじゃない。



もう元の日常に戻れなくなっただけ。









____ほら、受け入れるしかないでしょ?

Episode 12-13→←Episode 12-11



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (72 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
487人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , REBORN , クロスオーバー   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

printemps(プランタン)(プロフ) - わぁ、的確… (5月5日 13時) (レス) id: a86d5a1323 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:唄詠 | 作成日時:2020年4月1日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。