占いツクール
検索窓
今日:21 hit、昨日:33 hit、合計:16,768 hit

懺悔室 ページ7

師範、と呼ぶ声が小さく響く。


師範は振り返り薄っすらと目を細めて私を見た。


眉間に皺は寄っておらず、恐ろしいほど優しい目。

けれどそれよりも柔らかな瞳を私は知っている。


甘露寺蜜璃への視線。



それも今は関係ない。



昔から私は屋敷に懺悔室なるものを置かせてもらっていた。


完璧な懺悔室ではない。



暖簾のようなもので光は通さず、幾重にも交差した木材で顔は見えない。



そして、師範には私を他人として聞いてもらうようにした。


今までは鬼を取り逃がしたこと、花瓶を壊したことなどに使っていたのだけれど、今日は違う。




私の記憶。


ひとごろしの記憶をお話ししようと思う。

ひとごろしの記憶→←天使の記録帳



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (34 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
21人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 伊黒小芭内
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いぬお(プロフ) - 露亞さん» あ"り"か"と"ぉ"こ"さ"い"ま"す"伊黒さんほんとしんどいです (12月30日 13時) (レス) id: 5294fb0fb4 (このIDを非表示/違反報告)
露亞(プロフ) - 最高。伊黒さん尊い… (12月30日 12時) (レス) id: 5fe7b44b45 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いぬお | 作者ホームページ:http:  
作成日時:2019年12月27日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。