占いツクール
検索窓
今日:486 hit、昨日:569 hit、合計:90,104 hit

第弐拾伍話 ページ26




「わっ別れる…!!」

「…うん」


ほんのちょっとだけ、胸の奥がチクリとした。
ああ、私ってば本当に____



「そしてまた、付き合う!!」

「………うん?」


………うん?



「つ、次はちゃんと……責任とか、義務とか、そういうのじゃなくっ…」


いつかと同じように口に出した声と心の声は
寸分違わぬ満場一致の意見を出した。








「っ――――Aさん、好きです」


そんなとこに君は構わず追い打ちをかけてくるもんだから……

物騒な例えにはなるけど、まるで鬼に頭を殴れたみたいに…

ううん、寧ろそれ以上の衝撃が頭から次第に全身に走って
一度、頭の中が綺麗さっぱり真っ白になる。




「俺の、恋人になってください!!」



でも、だからこそ、一番最初に浮かんだ答え――――自分の気持ちに確信が持てる。



「……うん、なる。」


なんだか照れくさくて、子供みたいに返した言葉。

なのに善逸君はパァァなんて音が聞こえてきそうなほどに
表情を明るく____と思ったらちょっと落ち込んだ…?え?


「い、今のは敬語に入る…?」


……どうやら私のせいらしい。


「…入る」

「ってことは…?」

「団子一本追加だね」


そしてまた罰と私の食べる団子の皿が積み重なる。
でも、その罰に潜んだ真意はそんなに甘くない。


「ねぇ、善逸君」

「ん?」


なんて思ったけど、寧ろ逆に甘いのかもしれない。



「団子は逢引の口実、って言ったら怒る?」

「っ〜!!?怒っらないけど…!!!ず、ズルいよっそれはぁ!!!」


幼稚な悪戯じみた訊き方をすれば君はまた顔を真っ赤に染める。
善逸君、君は私のことを何度もズルいズルいって言うけどさ…


「怒らないんだ?」

「うん……寧ろ、もの凄く嬉しいよ」


君も大概だと思うんだよ、私は。



「あっ言い忘れたけど」

「なに?」


そして私は売られた喧嘩は買うし倍返しする主義なんだ。


「私も好きだよ、善逸君。」

「……うあぁ…」

「あっ項垂れた」


君は後輩の癖して生意気なんだよ。

私よりも年下なんですし、てか後輩なんですし…
少しくらいは年上で先輩な私に引っ張らせて欲しい。



始まりと終わり→←第弐拾肆話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (193 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
462人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 我妻善逸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

リンゴ - それな!! (9月15日 23時) (レス) id: fa8cdcdbb1 (このIDを非表示/違反報告)
藍恋(プロフ) - 好きです。ていうか何があったか知りたくて眠れないです。 (9月15日 20時) (レス) id: b8dca656ce (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:自宅警備員先生 | 作成日時:2019年9月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。