占いツクール
検索窓
今日:12 hit、昨日:385 hit、合計:122,290 hit

ページ17

「ここまで来なくてもよかったのに」

「いや、暇だったから」

「ラウール休みだったっけ?」

「今テスト休み!
めめと遊んでたんだけど、Aちゃんも来れるかな?って思って誘っちゃった」



うん、可愛いから許す。

なんて思ってるとすごく感じる視線。

ふ、と振り返ると門を通る人たちが私たちを凝視している。


そりゃそうだろう。

180越えの神的スタイルに神的顔面の良さをもつ男2人がいればそうなる。


しかも、一緒にいるのは私みたいなフツーの女子大生。



門から出てきた友達が私に向かって
「明日説明しろよ」
と、目で訴えてきた。


あーあ、めんど…。


とりあえず急いで2人を連れて学校から離れた。





2人が連れてきてくれたのは、
今流行りのタピオカ屋さん。


「意外とはまってんだよね」

「え、照君と同じじゃん。」

「たまに一緒に行くよ」

「僕も一緒に行く時もある!」

「えー、知らなかった。
私もたまに参加しよっかな」

「だってオマエ、バイトばっかで空いてる時ねーじゃん」

「確かにいないよね、夜とか」

「まあ、貧乏大学生だからね笑」


案外並ぶことなくすぐにレジへ。


すると、さらっとめめが3人分まとめて買ってくれる。



「え、お金」

「貧乏大学生は黙って奢られてりゃいーの」

「めめかっこいー」

「おまえ思ってないだろ、それ笑」



わちゃわちゃしてる2人は本当の兄弟のよう。



ラウールが写真撮るよーって言って、3人でタピオカ持って自撮り。


手が長いから綺麗に撮れるね、



携帯が通知を知らせるから、
ラウールが写真を送ったのかと思って見てみると、


「あ、ねぇ。
なんでグループに送ってんの?」

「あ、本当だ。」

「えー、いいじゃん。
Aちゃんとお出かけできるの珍しいでしょ?
みんなに自慢!」



と、ニコニコ言われてしまうと何も反論できなくて黙る。


横からめめに
チョロ
って言われたから睨んどいた笑


あーあ、でもこれふっかさんとかこーじ君とかうるさそうだな。


それに関しては、可愛い顔しても許してあげないからね、

って言い残してバイトへ向かった。

送り狼→←放課後



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (88 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
421人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , シェアハウス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

火災 - ごめんなさい。まちがいでした。 (11月5日 1時) (レス) id: 53a7921132 (このIDを非表示/違反報告)
火災 - 名前変換が出来ません。 (11月5日 1時) (レス) id: 53a7921132 (このIDを非表示/違反報告)
みなみ(プロフ) - わかりました。 (11月1日 20時) (レス) id: 34a5132cfc (このIDを非表示/違反報告)
さらだ(プロフ) - みなみさん» 読んでくださりありがとうございます!リクエストに関しましては徐々に解き明かしていく予定ですので、お楽しみにしていてください! なるべく定期的に更新できるようにしますので、今後ともよろしくお願いします! (11月1日 20時) (レス) id: e46fec96cd (このIDを非表示/違反報告)
みなみ(プロフ) - 続きが気になります。リクエストいいですか?夢主ちゃんが、苦しい表情をする理由が知りたいです。 (11月1日 19時) (レス) id: 34a5132cfc (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さらだ | 作成日時:2019年11月1日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。