占いツクール
検索窓
今日:24 hit、昨日:49 hit、合計:154,609 hit

9 sideA ページ10

ニノのお友達の潤くんにバレた。


ここ最近は上手く隠せていたのに…。


俺が潤くんにぶつかったせいで
こんなことが起きてしまった。


後悔したって遅いけど
これから後のことを考えると背筋が寒くなる。
俺のせいだから仕方ないんだけど…。


でも俺が驚いたのは
潤くんが逃げなかったってこと。


今まではみんな逃げていったから。
まあそれは普通だと思うしもう慣れてるけど。



でも潤くんは違った。
きっとそれだけニノのこと
心配してくれたんだよね?


ニノはいい友達に出会ったなーなんて
しみじみ思っていた。


ねぇ、潤くん?
もし記憶が無くなっても
またニノとお友達になってあげてね?


なんて。
俺が全てを壊したのに
そんな勝手な願いを抱いていた。


ごめんね、ニノ。
ごめんね、潤くん。


でもこの出来事は俺が想像していたものよりも
遥かに俺たちの人生を変えるものと
なったんだー…

10 sideJ→←8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (170 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
155人がお気に入り
設定キーワード: , 学パロ , ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:智帆 | 作成日時:2013年6月22日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。