占いツクール
検索窓
今日:415 hit、昨日:8,437 hit、合計:879,112 hit

第4話 ページ6

.


『え?なんて?つららになるの?』

「誰が上手いこと言えと」

『は?え?氷柱?なんで?てか、え?いや、ちょっと思ってたけど、師範て、え?』

「すげえ混乱してるぞ、大丈夫かこの子」

「お前なら気づいてると思ってた」



…いや、いやいやいや。そりゃね?炭治郎とか、善逸とか?作中でも育手は大体元柱の人だったけども、え?だってまさか、自分の師範が元柱だなんて思う?だって原作にない呼吸だぞ?え?



「今は空いとる氷柱の席…何れお前が埋めることになるだろう」

『待って、そりゃ最終選別も割と余裕かましてたけど、十二鬼月倒すか、鬼50匹も倒さなきゃいけないんでしょ?いや、無理だから。私じゃ無理だよ!』

「正親、大丈夫かお前の弟子」

「あぁ、こう見えてやる時はやる」

『話聞けよクソジジイ』



と、最早喧嘩のようになっていれば、鉄池さんが、ははは!と笑い声を上げた。



「なんだなんだ!随分明るくなったんだな、正親。弟子を亡くしてからもっと死んだように生きてると思っていたが…」

『え?』

「……もう用は済んだだろう。さっさと行け、三郎」



おう、邪魔したな。と返事をした鉄池さんが家を出てから、私は口を開いた。



『…師範、弟子亡くしてたの?』

「…お前を拾う前にな。同じ稀血を持つ娘だった」

『……そう、なんだ』

「もう、氷の呼吸を使えるのはお前だけだ、A。老い先短い爺を安心させてくれよ」

『…じゃあ柱にならないからずっと生きててよ』

「なんでそうなるんだ。頼んだぞ」



そして翌日。遂に、私は完全にこの家を離れる事になった。



「鎹鴉を通じていつでも連絡してこい」

『うん』

「儂はいつでもここに居る」

『…うん』

「…寂しくなったら、帰ってこい」

『…師範のが寂しがるでしょ』

「…お前、いつからそんなにも可愛げのない娘になった」



そんな軽口を叩きながら刀を持ち、鎹鴉を連れて歩き出す。



『……ねえ』

「む?」

『拾ってくれてありがとう、師範。この恩は一生忘れない。氷の呼吸も教えてくれてありがとう』

「…なんだ突然」



もし、もう二度と会うことがなくなってしまったら…。と考えたら沢山出てきた"ありがとう"。



『美味しいご飯作ってくれてありがとう。鬼から守ってくれてありがとう』

「……」

『鼾はうるさかったし、寝相もクソみたいだったけど、師範温かくて寝やすかった』

「おい」

『…じゃあね!行ってきます!』

「…ああ、気をつけてな」

第5話→←第3話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (374 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
960人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 原作沿い
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!嬉しいです(*^ ^*)更新頑張ります!! (6月24日 18時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 感動しました!炭治郎流石って感じです! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 凄いてんかいっすね! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!更新頑張ります!(*^^*) (6月22日 11時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 面白いです!私の推しは炭治郎と善逸なので!更新待ってますね! (6月22日 10時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たくあん | 作成日時:2019年6月12日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。