占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:7 hit、合計:32,146 hit

劣等生5 ページ7

真面目な表情になった真留はふぅ、と息を吐くと一気に言った。

真「シャムス側の名家の跡取りとなる人たちのクラスを調べてきました。まずトップである宮家の双子はどちらもSクラスでした。そしてその周りの臣家もほぼSでした。詳しい事はあまり分かりませんでしたがあちらは黄金時代ですね。それで赤葦家の跡取りもSでした。以上です」

『そう、ありがとう。………そっか、赤葦Sになっちゃったか…』

真「落ち込んでます?」

『いやその逆、めちゃくちゃ嬉しい。でもなぁ…今度会うときどんな顔して会えばいいかわっかんないなぁって思っただけ。まぁ、宮家は安定だね。』

真「うん。ツインズとして恐れられてるからねぇ。あの双子」




コーヒーを飲み終わった真留はごちそうさま、また明日学校で、と言って帰っていった。

そっかぁ、赤葦すごいなぁ。とうとうSいっちゃったかぁ。






赤葦は私の婚約者だった。

でも赤葦の家は寝返ってシャムス側についた。

そのとき私は父親が怒って婚約破棄をするのかと思ったがそんな事はしなっかた。

逆にそれを好機と捉えたのだった。自分の娘をシャムス側に嫁がせて内乱を起こさせてあわよくば政権を奪還しようと考えたのだった。





そう、いつもそう。まるで自分の子どもも駒のように扱う。自分の思うがままに動かして上手く行かなければすぐに切り捨てる。政権を奪い返す事しか頭にない。









そんな父親が大っっっっっっっっっっっっ嫌いだ。だから私は馬鹿のふりをする事にした。






父親の駒にならないために。






そして上手く行かない原因となるために。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


何か最初からヘヴィな展開になっちゃったなぁ、これから明るくなる予定です。
あくまで予定←これ大事

劣等生6→←劣等生4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (49 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
138人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 魔法 , 恋愛   
作品ジャンル:ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ひじき(@∀@)(プロフ) - ハルニサ(^∀^)さん» コメントありがとうございます!頑張って参りますので待ってて下さい!!絶対に帰って来ます! (4月21日 0時) (レス) id: 12afc50c57 (このIDを非表示/違反報告)
ひじき(@∀@)(プロフ) - レモンさん» コメントありがとうございます!大好きだなんて言ってもらえるなんて…!ちなみにチート設定は作者の願望ですw (4月21日 0時) (レス) id: 12afc50c57 (このIDを非表示/違反報告)
ハルニサ(^∀^)(プロフ) - 頑張ってくださいね!待ってまーす! (4月19日 23時) (レス) id: c7f5646053 (このIDを非表示/違反報告)
レモン - こういう魔法使い系大好きです!実はチートっていう設定も最高で話も面白かったです!更新頑張ってください! (4月19日 23時) (レス) id: 16da178b9b (このIDを非表示/違反報告)
ひじき(@∀@)(プロフ) - 瑠璃葉さん» ありがとうございます!!亀更新ですがこれからも応援して下さるとありがたいです!励みになります! (4月19日 0時) (レス) id: 4d97d57c9f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ひじき(@∀@) | 作成日時:2019年2月15日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。