占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:32,181 hit

劣等生10 ページ12

『えっと……どちら様でしたっけ?』




まずは初手のごり押しでいってみよう。





?「はっ?おまえなにゆうとるん?まさか忘れたと言わせんで?」

『すみません…記憶が曖昧で…』

?「なんなん!?魔法だけやなく頭もいかれたんか!?俺や、お・れ!宮侑!」

『あっそうですか。それでは』








うっわ、ごり押し行けたんですけど。まじわろた。この間に逃げよっと。







侑「何そそくさと逃げようとしてんねん」


と思ったら先回りされてしまった!!あ゛ーー、めんどくさーい。








侑「相変わらず最底辺とかようやるなー。俺やったら恥ずかしくて学校も行かれへんわー」


とめっちゃにやにやしながら言われた。2度目の逃走試みる。


侑「っと逃がさんゆうとるやろ」


が捕まってしまった!!


『ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!』

侑「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」




全力で叫んだ。すると


真「Aから手ぇはなせぇ!!クソギツネぇぇ!!」

侑「おっっっっっっっふぁ!?」

『見事な飛び蹴りにより宮侑の身体にクリティカルヒット!!宮侑は99万のダメージをくらった!!戦闘不能だ!!』

侑「いや、そんなんで死なんわ!!」





おお、突っこんでくれた。ありがたい。





黒「つか、なんでこいつがここにいんだよ。いっつも他の奴らと一緒に来てるだろ」

『うおっ、びっくりした…』





いつの間にか他の皆さんも近くまで来ていたみたい。走ったんだけどな。あの台詞言って。







『さぁ、こいつストーカーなんじゃない?クロの』

黒「それだけは勘弁」

クロはそう嫌そうな顔をして言った。

侑「他の人達なら後から来とるで。ほら」

そうすると、後ろから様々なセリフがとんできた。

劣等生11→←劣等生9



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (50 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
138人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 魔法 , 恋愛   
作品ジャンル:ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ひじき(@∀@)(プロフ) - ハルニサ(^∀^)さん» コメントありがとうございます!頑張って参りますので待ってて下さい!!絶対に帰って来ます! (4月21日 0時) (レス) id: 12afc50c57 (このIDを非表示/違反報告)
ひじき(@∀@)(プロフ) - レモンさん» コメントありがとうございます!大好きだなんて言ってもらえるなんて…!ちなみにチート設定は作者の願望ですw (4月21日 0時) (レス) id: 12afc50c57 (このIDを非表示/違反報告)
ハルニサ(^∀^)(プロフ) - 頑張ってくださいね!待ってまーす! (4月19日 23時) (レス) id: c7f5646053 (このIDを非表示/違反報告)
レモン - こういう魔法使い系大好きです!実はチートっていう設定も最高で話も面白かったです!更新頑張ってください! (4月19日 23時) (レス) id: 16da178b9b (このIDを非表示/違反報告)
ひじき(@∀@)(プロフ) - 瑠璃葉さん» ありがとうございます!!亀更新ですがこれからも応援して下さるとありがたいです!励みになります! (4月19日 0時) (レス) id: 4d97d57c9f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ひじき(@∀@) | 作成日時:2019年2月15日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。