占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:525 hit

file.75 お出掛け ページ2

Aside

ーー親友と出掛ける予定をコナンくんも交えてする事にした。…まぁ、行くのはスイーツバイキングなんだけど。コナンくん、大丈夫かな??

A「でね、彼と連絡取るようにしてるんだけど、探偵のお仕事をしてるから取れない時も多いの。…一言、おやすみなさいって言って貰えるだけでも嬉しいから我が儘は言わないようにしてるんだけど。…やっぱり、会いたいなって…」

「あんたさ、コナンくんの前で良くノロケ話出来るね。私だけならまぁ、聞いてあげなくもないけど。…コナンくんは、蘭ちゃんとどうなの??」

A「蘭ちゃんは天使だよね。あんな非の打ち所のない子、居ないから。空手は強いけど、弱い所もあるからね」

最近会ってないな、今度デートに誘おう。園子ちゃん(知り合った)も誘おうかな??ポアロでなら話せるもんね。

コナン「Aさんも、弱い所あるんでしょ??」

コナンくんに尋ねられるとは思ってなくて、思わずきょとんとしてしまう。…私の弱い所ね。

A「全部、とまでは言い過ぎかもだけど…。でも、蘭ちゃんの気持ち、わからなくないかな。私の場合、本当は彼を好きになっちゃいけないんだよね。いけなかったのに、気付いたら好きになっちゃってたんだもん。…いや、むしろ前から好きではあったけど、恋愛感情ではなかったから」

…本当、零くんには敵わないな。私の方が、“好き”って気持ちで空回りしてる気がする。私より、今じゃ零くんの方がお兄さんなんだよね。出会った頃は、学ラン着てたのに。

「A、戻っておいでー」

A「…いってた??」

「彼の事想ってんのバレバレ。表情が柔らかくなってるんだもん。羨ましいわ、本当。コナンくん、チョコケーキ入れてくるね」

Aと話してなよと言って、親友は追加のケーキを取りに行った。…なん個目よ。

コナン「…Aさん、俺をその人に会わせないのは何故??」

A「彼は今忙しくて。大掛かりな事件を調査してるの。コナンくん、危ない事に首を突っ込み過ぎるじゃない??だから、彼の仕事が落ち着いて、そう遠くない内に会わせられる筈だから。それまで待って??」

番外編とかで会ってても、本編ではまだだから(メタイ)。

コナン「そう遠くない内に、ね。Aさん、その時はちゃんと前もって教えてよね」

A「勿論。彼にも言っておかなくちゃ」

組織に居る間は連絡取れないから、透くんから連絡来るのを待たなきゃ。…今日来ないかな、電話でもメールでも良いから。

続く お気に入り登録で更新をチェックしよう!

最終更新日から一ヶ月以上経過しています
作品の状態報告にご協力下さい
更新停止している| 完結している



←さくらの独り言←ご挨拶と会話文のみ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
14人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , 安室透   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:葦原 さくら | 作成日時:2020年1月3日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。