占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:338 hit、合計:236,861 hit

*第8話 ページ11

久々にこれだけ近づいたせいか、謎の緊張に襲われる


「…」


ふと、”あの時”の記憶が思い出される



こいつが俺を避ける様になったのは、俺とAが小学生の頃

俺が、全治1ヶ月の大怪我をした時からだった



確かあれは、小学校の階段から落ちて…




頭を打った為か当時の記憶が不鮮明で、俺は良く覚えていないんだけど


きっとこいつはハッキリ覚えてるんだろうな


だからと言って、なぜ”避ける”という選択肢になるのか?


よっぽどお節介に感じてしまったのだろうか…


「……──ぃと──ん…?」


いやいや、Aは人の恩を仇で返すようなタイプじゃないし…まさか青子の言った様になにか秘密が───


「──ぃとくん、…快斗くん」


「…ッ!?」

いきなり名前を呼ばれ、考え込んでいた思考が急停止する



「何してるの、こんな所で」


すると、Aは無表情で俺の顔を見つめていた


俺に向けられる透き通るようなライトブルーの瞳は、さながら宝石のような美しさだ



って、そんなこと思っている場合じゃない…!!




「えっ、あっ…いやー、その…
天気いいけど、風はつめてぇし、こんなとこいたら風邪引くぞ?」


お得意のポーカーフェイスで動揺を隠す


喋る回数が少ないからか、こいつとの会話はどうしても慎重になるし、かつドギマギしてしまう


「…ごめん、気を付ける」

それだけ言うと、Aは片膝をついてゆっくりと立ち上がる

すると、くるりと俺の方に向かって口を開く


「…もう、迷惑かけないから」




「…?それってどう言う──…っておい!」



意味深げな言葉を言い残し、俺の言葉も最後まで聞かずに、Aは教室へと戻っていった

*第9話→←*第7話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (160 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
404人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 怪盗キッド , 男主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

AMATA(プロフ) - 杏子さん» 伸びたw良かったです!!(??)楽しみながら読んで下さりありがとうございます!! (2018年7月16日 15時) (レス) id: 4b76855916 (このIDを非表示/違反報告)
杏子 - まって、なってちょっと待って。心臓持たない。待って寿命3年、、、、、、伸びた (2018年7月16日 7時) (レス) id: 78c191449c (このIDを非表示/違反報告)
AMATA(プロフ) - タナトフィリアさん» わぁぁコメありがとうございます!(´;;`)そう言って頂けて大変恐縮です…!二人の関係を進展していけるよう更新頑張ります! (2018年7月10日 0時) (レス) id: 4b76855916 (このIDを非表示/違反報告)
タナトフィリア - ヤバいです!めっちゃキュンキュンしました!続きが楽しみです!更新楽しみに待ってます!応援してます!(*^艸^*) (2018年7月9日 12時) (レス) id: 41c9a6a89d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:AMATA | 作成日時:2018年6月25日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。