検索窓
今日:65 hit、昨日:127 hit、合計:339,977 hit

ナンパの話 ページ8

「お姉さん。俺らと遊び行かない?」


部活がない月曜日の帰り道。

どこか寄り道しよっかな。友達と別れ、そんなことを考えていた矢先のことだった。


…ナンパじゃん。

ただ食いできるラッキー、なんて思いながらゆっくりと後ろを振り返る。



『何ですか?』

「「…」」


え、おにーさん方なんで固まるの。



「…後ろから見た印象と違くね?」

「それな。声かける相手間違ったんじゃね?」


…オイそこ。聞こえてるからな。
 


「あ、ごめんね〜。人違いだったみたい〜」

「じゃあね〜」


そう言ってそそくさと去って行こうとこちらに背を向ける二人。

それを見やりながら軽く肩を回し手首と足首のストレッチをする。



…位置について。レディー…

…ゴー!!!



『おいコラ待ちやがれえええ!!』

「ぎゃっ!?え、何なのアイツ追いかけてくんだけど!?」

「ホラ見ろ絶対声かけるやつ間違ったって!!」


二人組が怯えるように逃げ出すから私のスイッチがポチりと入った。

ナメんな。

スピードを上げ男の前に回り込み、そのまま右にいた男の胸ぐらを掴んで力任せに揺する。



『テメェ何で逃げやがったんだよアア?』

「ぎゃああああ!!助けてえええ!!」

「ご、ゴリラだ!!」

『んだともういっぺん言ってみろやゴルァ!!誰がゴリラだって!?』

「ヒッ…」

『大体なぁ!!この私のどこが不満だったんだよ言ってみろや!!』

「べ、べべ別にどこも不満ではございませんでしたぁぁぁぁ」

『こういう時は関わったら最後までなんだよ!!女子に恥かかすたぁ良い度胸してんじゃねぇか!!!』

「「ギャアアアアアア!!」」

『分かったか!!』

「わ、分かりました!!

「す、すみませんでしたぁ!!」

「Aさん…?」


二人組の悲鳴に混じっておずおずと私を呼ぶ声が聞こえてきたから、私は男を揺する手を止め、声がした方を振り返った。

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (162 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
514人がお気に入り
設定タグ:ハイキュー!! , 青葉城西   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨音(プロフ) - 麗さん» 二つとも見落としていました…。訂正いたしました、ご指摘ありがとうございました!! (2020年8月24日 23時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 25ページの「」だと思う部分が『』になってます。 (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 21ページの「あーコレ?、、」なんですけど、多分『』だと思います。話の前後的にも (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
雨音(プロフ) - しのぶさん» コメントありがとうございます!!そう言っていただけてとても嬉しいです…(*T^T)これからも男前な夢主ちゃんをどうぞよろしくお願いいたします\(^-^)/本当にありがとうございました!! (2020年7月6日 20時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
しのぶ - なんて、男前な夢主なんでしょう。 とても素敵な作品だと思います。これからも頑張って下さい。 (2020年7月6日 16時) (レス) id: 399359edd6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雨音 | 作成日時:2020年5月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。