検索窓
今日:59 hit、昨日:127 hit、合計:339,971 hit

とある朝の話 ページ43

…苦しい。

段々と意識が浮上する。


うっすらと目を開けると目の前には規則正しく上下する胸。

そのまま視線を上げると、そこには憎たらしいほど整った予想通りの顔があった。

きめ細やかな肌。形のいい眉に高い鼻。
伏せられた長い睫毛が頬に影を落としている。


『…おい』

その顔の良さに何だか無性にイラッとして、目の前のソイツの頬をつまんで軽く引っ張ってやった。


「…ん〜」

身じろぎした及川がなぜかすり寄ってきたため反射的に体を引く。…が、腰に回された手に邪魔されて離れられない。何だこの手は。



窓から差し込む光に徐々に意識がはっきりしてきて、脳が正常に働き始める。


ってなんで私は及川の隣で寝てるんだ。確か昨日はじめちゃんに抱きついてたら寝ちゃって…。え、マジで何で及川ここで寝てんの。

あれこれ考えているうちに、気付いたら及川の腕に完全にホールドされてしまっていた。

ぎゅうぎゅうと締め付けてくる及川から必死に離れようとするもびくともしない。チクショウ、このゴリラめ。

面倒くさくなって力を抜くと、嗅ぎ慣れたような懐かしいような匂いが鼻をかすめた。

そっと目を閉じる。


(…別に、嫌いなわけじゃない)

内心でそう呟いて、ほんの少しだけ自分から目の前のソイツの胸に顔をうずめた。






部屋主の許可もなしに勝手にベッドに潜り込んだと、もう一人の幼なじみが怒りの鉄拳を落とすまで

――あと僅か。

続編予告→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (162 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
514人がお気に入り
設定タグ:ハイキュー!! , 青葉城西   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨音(プロフ) - 麗さん» 二つとも見落としていました…。訂正いたしました、ご指摘ありがとうございました!! (2020年8月24日 23時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 25ページの「」だと思う部分が『』になってます。 (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 21ページの「あーコレ?、、」なんですけど、多分『』だと思います。話の前後的にも (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
雨音(プロフ) - しのぶさん» コメントありがとうございます!!そう言っていただけてとても嬉しいです…(*T^T)これからも男前な夢主ちゃんをどうぞよろしくお願いいたします\(^-^)/本当にありがとうございました!! (2020年7月6日 20時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
しのぶ - なんて、男前な夢主なんでしょう。 とても素敵な作品だと思います。これからも頑張って下さい。 (2020年7月6日 16時) (レス) id: 399359edd6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雨音 | 作成日時:2020年5月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。