検索窓
今日:137 hit、昨日:101 hit、合計:340,591 hit

◇影山飛雄の場合 ページ38

久しぶりに会ったAさんは俺が覚えているその人とは大分印象が違っていて、正直言うと少しだけ戸惑った。

…でも。

声が同じ。匂いが同じ。

ああ、Aさんなんだって思ったら何だか嬉しくてたまらなかった。




***


中一の時。

一人っ子だった俺は可愛がってくれるAさんが大好きで、本当にばかみたいに慕っていた。


「及川さん。サーブ教えてください」

「…」

『おい及川。ちょっとは教えてやってもいいだろうが』

「はぁ?お前には関係ないだろ。コッチ来んな」

『んだと上等じゃねぇかコノヤロー!!』

「おーい誰か岩泉呼んでこーい」

「また始まったよ」

「北一男バレ名物なー」

すぐに岩泉さんが来て二人の喧嘩を止めるのがバレー部の日常で。

そしてボールを持ったまま取り残されている俺の所に、舌打ちをしながらAさんが来てくれるのもいつもの事だった。


『ったく及川マジでクソだな』

「すみません」

『飛雄ちゃんが謝る事はなんもねぇよ。

…ただ、アイツ今ちょっと荒れててな。悪く思わないでやってな』

そう言ってよく分からない顔をしながら笑うその人を、俺は首をかしげながら見つめていた。今思えばあれは悲しそうな顔、だったのだろうかと思ったりもする。


「Aさん。大丈夫ですか」

『おう。もちろん。何、心配してくれてんの?』

「はい」

『…とびおちゃんは可愛いなー』

そう言ってよくAさんは俺を抱きしめた。その頃は俺の方が少しだけ身長が低くて、“抱きしめられてる”って言葉が一番合っていたように思う。

滅多になかったけど、俺がヘコんでいるときもAさんは頭を撫でて抱きしめてくれて。

優しく背中をさすってくれるその手が、俺は大好きだった。

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (162 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
515人がお気に入り
設定タグ:ハイキュー!! , 青葉城西   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨音(プロフ) - 麗さん» 二つとも見落としていました…。訂正いたしました、ご指摘ありがとうございました!! (2020年8月24日 23時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 25ページの「」だと思う部分が『』になってます。 (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 21ページの「あーコレ?、、」なんですけど、多分『』だと思います。話の前後的にも (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
雨音(プロフ) - しのぶさん» コメントありがとうございます!!そう言っていただけてとても嬉しいです…(*T^T)これからも男前な夢主ちゃんをどうぞよろしくお願いいたします\(^-^)/本当にありがとうございました!! (2020年7月6日 20時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
しのぶ - なんて、男前な夢主なんでしょう。 とても素敵な作品だと思います。これからも頑張って下さい。 (2020年7月6日 16時) (レス) id: 399359edd6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雨音 | 作成日時:2020年5月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。