検索窓
今日:54 hit、昨日:233 hit、合計:340,407 hit

ページ28

「げっ、あいつらほんとにいる…」

青城に小走りで向かっていると、遠目からでも目立つ坊主とツンツン頭が校門付近で何やら誰かと話しているのが見えた。

近付くにつれて二人と話している女の人の顔がいかにも“何だコイツら”という顔をしている事に気付き、俺はスピードを上げて三人の方へと向かった。



「すいませんでした!!」

その場に着き、二人の頭を押さえつけながら自分も深く頭を下げる。

『お、おうおう。よく分かんねぇけどいいから顔上げろよ』

そんな声が聞こえてきて思わず目を見開いた。

可憐な声には似合わない口の悪さに驚いて慌てて顔を上げる。

『あー悪ぃな。口悪くてびっくりしたろ』

そう言って軽く笑って見せたその人に、俺は束の間見惚れてしまった。


女子にしては少し高めの身長。

気の強そうな色素の薄い瞳。

笑ったときにうっすらと浮かび上がるえくぼ。

何よりその凜とした態度が彼女自身の輝きを引き立たせているように見えた。



「この方が潔子さんを助けてくださったお方らしいぞ!!」

西谷からそう聞くや否や俺は再び目を見開いた。

…っていうかよく見つけ出したなあ。

田中と西谷の人を見つけ出す嗅覚に尊敬の念すら覚える。


『そんな助けたなんて大層なもんじゃねぇよ』

面倒くさそうに言うその人は口が悪い事以外はどこにでもいる普通の女の子で、どんな風に清水先輩を助けたのかほんの少しだけ気になった。


俺の事をちかちゃんと呼んだ初めての人。

優しく頭を撫でてくれた人。

この人と、もう会うことはないのだろうか。


そんな事を考えていたら

「あの…」

無意識に口が動いていた。

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (162 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
514人がお気に入り
設定タグ:ハイキュー!! , 青葉城西   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨音(プロフ) - 麗さん» 二つとも見落としていました…。訂正いたしました、ご指摘ありがとうございました!! (2020年8月24日 23時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 25ページの「」だと思う部分が『』になってます。 (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 21ページの「あーコレ?、、」なんですけど、多分『』だと思います。話の前後的にも (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
雨音(プロフ) - しのぶさん» コメントありがとうございます!!そう言っていただけてとても嬉しいです…(*T^T)これからも男前な夢主ちゃんをどうぞよろしくお願いいたします\(^-^)/本当にありがとうございました!! (2020年7月6日 20時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
しのぶ - なんて、男前な夢主なんでしょう。 とても素敵な作品だと思います。これからも頑張って下さい。 (2020年7月6日 16時) (レス) id: 399359edd6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雨音 | 作成日時:2020年5月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。