検索窓
今日:34 hit、昨日:66 hit、合計:341,310 hit

ページ27

「…潔子さんが移動教室の時にご友人に話しているのを聞いた」

思わず体を引く。西谷、それそんなキメ顔で言うことじゃないだろ。


「そ、それで?」

「でだな!なんととあるお方が潔子さんを助けたそうだ!!」

「へー」

「だから俺達はそのお方にお礼を言いに行こうとしていたわけだ!!」

「なるほどね。その人が青城って事か」

でも珍しい事もあるもんだ。

「お前らその人のこと敵視しそうなもんなのにお礼なんて珍しいな」

そう言うと西谷はキョトンとした顔で言った。

「てきし?」

マジか。ガクリと肩を落としながら説明する。

「…相手を敵とみなす事。お前ら清水先輩に近付く奴全員威嚇してるのにわざわざお礼言いに行くって珍しいなって言ったんだよ」

そう言うと今までずっと暴れていた田中がぴたりと動きを止めた。

何だ何だと襟を掴んでいた手を離し、田中の方を向く。

田中はこちらを振り返りながらゆっくりと口を開いた。

「縁下。その青城の方はな…


…女子だそうだ」

「え」

それにはさすがに驚いた。なるほど。そういう事か。


「でもお前らが行っても会えるかどうかすら分かんないし、相手の迷惑になりそうだからやめとけよ」

思ったことをそのまま口にすると、目の前の二人からブーイングが起こった。うるさい。

「行く!!ぜってぇ行く!!」

「ノヤっさんの言うとおりだぜ!!俺らは行く!!」

部活無ぇの今日だけだし!!

そう騒ぐ二人にため息をついた。

「とにかく俺は止めたからな」

やめとけよ。そう言って二人に背を向けて自分の教室に戻る。まぁあいつらに対してこんな言葉は意味を為さないだろうけど。


……委員会早めに終わったら青城まで行くか。

二人がいなくて何事もなかったらその辺を散歩がてらブラブラすればいいし。

再度ため息をつきながら、念のため俺も青城までの行き方を調べるのであった。

*→←苦労人が新たな出会いをする話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (162 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
515人がお気に入り
設定タグ:ハイキュー!! , 青葉城西   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨音(プロフ) - 麗さん» 二つとも見落としていました…。訂正いたしました、ご指摘ありがとうございました!! (2020年8月24日 23時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 25ページの「」だと思う部分が『』になってます。 (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 21ページの「あーコレ?、、」なんですけど、多分『』だと思います。話の前後的にも (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
雨音(プロフ) - しのぶさん» コメントありがとうございます!!そう言っていただけてとても嬉しいです…(*T^T)これからも男前な夢主ちゃんをどうぞよろしくお願いいたします\(^-^)/本当にありがとうございました!! (2020年7月6日 20時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
しのぶ - なんて、男前な夢主なんでしょう。 とても素敵な作品だと思います。これからも頑張って下さい。 (2020年7月6日 16時) (レス) id: 399359edd6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雨音 | 作成日時:2020年5月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。