占いツクール
検索窓
今日:17 hit、昨日:23 hit、合計:13,794 hit

ページ4

*



『え”っ?!』

「ん?」




 えっえっえっえっえええ?

 は?は?は?え?え?なんで?


 いや、ちょっと思ってたよ、大正時代っぽいし。


 鬼滅の刃の世界かなーって。

 いやでもさぁ、ほんとにそうだとは思わないよね?



 ね?




炭「君、どうしたの……」


「「皆様 今宵は鬼殺隊最終選別にお集まりくださって、ありがとうございます。」」


炭「!」



 うわっ!可愛いなぁ。

 待ってあれカナヲちゃん? え?ここまでいい匂いが…。 クンカクンカ



か「この藤襲山には 鬼殺の剣士様方が生け捕りにした鬼が閉じ込められており、外に出ることは出来ません。」



 うわ、善逸だ! ビンタされてたの本当だったんだ〜あはははは




輝「山の麓から中腹にかけて、鬼共の嫌う藤の花が一年中狂い咲いているからでございます。」




 声可愛いな、おま本当に男なんか?


 あっ不死川(弟)だ。




か「しかしここから先には藤の花が咲いておりませんから、鬼共がおります。」



 目つき悪いな〜兄に似すぎやろ。



輝「この中で7日間生き抜く。それが最終選別の合格条件でございます。」



 ていうか女の子少ないな〜。




「「では、いってらっしゃいませ」」







 あっこれ私も最終選別に参加するの?



*

肆→←弐


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
15人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , トリップ , 時透無一郎
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:うどん x他1人 | 作成日時:2019年10月25日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。