占いツクール
検索窓
今日:21 hit、昨日:263 hit、合計:48,615 hit

気づいたときに ページ37

〜you side〜



ちょっと局部に変な感じがしたのでトイレに行っていた。









やっぱりヤツ(生理)だった。でも、こういう時もあると思い、ナプキンをしていたのが幸いだった。
ヘバラギの衣装だったから、血がついてたら目立つと思っていたが、そこだけは運が良かったと思っていた。

少し腹におまじないをかけて、何事も無かったようにトイレから出た。









その事をミナに伝えておくと




MN「オンニ、暴れないでね」





と言われた。



私なんだと思われてるんだろう。





まぁそれで悩むのも平和だね!(?)




――――――――――――――――――――


終わったあとの挨拶は華少女から先に終わらせた。SUPER JUNIOR先輩が終わったあと、隣室のBTSの
楽屋へ挨拶しに行った。









そしたら、ドアを開けた瞬間









鈍い音がしたのと同時に



お腹に違和感を感じた。




それと同時に息遣いが荒くなっていた。




……私お腹蹴られたんだ









下をみたら、経血が出ていたようで、









…………ヤバい、死ぬかも









そう思った瞬間、意識が途切れた。

・・・→←・・・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
90人がお気に入り
設定キーワード:TWICE , BTS , 反日
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:けーぽおたく | 作成日時:2019年11月21日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。