占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:2,641 hit

おばあちゃまの病室で ページ28

Earthから連絡をもらってすぐ私はコートをはおって外に出た。

おばあちゃまの好きな鯛焼きを買うために
タクシーを捕まえて麻布十番にある浪花家総本店へ向かった。

少しだけ並んだけど無事に鯛焼きを買えた。
よかった・・・
今日はこれでもあまり混んでないんだって。

店を出ると私の名前を呼ぶ声が聞こえた。

Earthだ・・・

キャスケットにサングラス。
今日もカッコイイ
だけどちょっと薄着だわ・・・
今日は今年一番の冷え込みですって天気予報が言ってたのを思い出した。

寒そうに肩をすくめている彼に鯛焼きが入っているホカホカの包を渡した。

あったかそうに包を抱える姿がまるでドラマのワンシーンみたいだった。


病室に顔を出すとおばあちゃまは飛び上がらんばかりに喜んでくれた。

私はおばあちゃまのお気に入りの”ハグ”で挨拶をした。

この前
「Aさん。ほらほら外人がよくやるあのカッコイイ挨拶して欲しいの」って言われた。

私が「こうですか」とハグをすると
「そうそう。これこれ。映画とかで見てて憧れてたの。アメリカ帰りのAさんなら慣れてるでしょ」
と、とても喜んでくれた。

それ以来おばあちゃまとの挨拶は必ずハグになった。


おばあちゃまと話しをしていると時間があっという間に過ぎていってしまう。
思っていたよりもずっと元気でホッとした。

でもお手伝いさんの事を話してるときちょっと悲しそうな困った顔をしていた。
「碧さんがね。お孫さんのお世話が大変らしくって暫く私のお手伝いをおやすみすることになったのよ・・・」

私はなんて言ってあげていいかわからずに
「そうなんですか・・・」と答えた・・・。



帰り際、Earthに「ご飯を食べませんか」と言われた。
急だったからちょっとびっくりした・・

こんなイケメンの誘いを断るなんてきっとありえないんだろうな・・・
っていうかアイドルの彼に声をかけられて断る女性なんているのかしら??

ほんの2秒か3秒の間にそんなことを考えた。

でもルリ子と会う約束があったから・・・
せっかくだけどお断りすることに・・・。

気を悪くしないだろうか・・・
と思ったその時


「今日のお礼をするようにってばあちゃんにいわれたんです」
とお誘いの理由を教えてくれた。

そっか・・
おばあちゃまから・・・

すると
「明日とか・・・時間とれますか?」
と・・・

間髪いれないところがすごいかも・・・
なんて思いながら
私は明日の夜彼と食事をすることになった。

ルリ子→←【P】リリーさん



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Luna - 実はリリーさんの事結構観察してますのん(笑) (2014年2月11日 1時) (レス) id: 9794dabceb (このIDを非表示/違反報告)
ひでみん(プロフ) - りりーさん、中々いい事言うわ(笑) (2014年2月8日 1時) (レス) id: 5e098d8614 (このIDを非表示/違反報告)
Luna(プロフ) - ともさん» ともちゃん♪感想ありがとう!! (2014年1月30日 21時) (レス) id: 9794dabceb (このIDを非表示/違反報告)
とも - 設定がいいわあ!次が楽しみー (2014年1月29日 19時) (レス) id: 4f5cef5ee4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Luna | 作成日時:2014年1月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。